FC2ブログ

Fine.

Merry Christmas ✨
しばらく更新しないうちに、もう年の瀬・・・。
わたしのクリスマスは23日に終わってしまったので(?)
とりあえず掃除やら年末年始の準備やらにとりかかってました。
年末年始は滋賀で、義母と過ごす予定です。


さて、本日のタイトル。
元気です、ではなくて、フィーネと読んでくださいね。
(音楽やってるみんなは大丈夫ですね??)

ホームページ時代と合わせ、20年近く。
ポンのことをメインに日常をあれこれ綴ってきましたが
そろそろこのblog、閉じようかとおもいます。 


ポンもいなくなり、ネタがないのですよ(笑)
SNSで繋がり、自分の生活を魅せるこの時代に反し、
敢えて繋がらないblogというスタイルが気に入っていたけれど
だからといって書けるようなことって、そんなにないもんです。

とてもじゃないけど書くことのできない想いのほうが、はるかに多い。
そんなものを抱えながら、書けそうなことだけを選んでいくのが
だんだんしんどくなってきました。
自分の中のpieceをなにかひとつずつでも書いていければいいよね
とおもってたけど・・・
そもそも自分の大切なものを公開することに意味なんてあるんだろうか?
こころのなかに閉まっておくもののほうが本当は多いのだとおもいます。

そんな疑問を抱きながら書き続けるには20年は長すぎたかな。

まぁ、感覚としては、一段落です。
仔犬でも迎えることがあれば記録的に書き始めることもあるかもだけど?
でも、それもきっと、しばらくはないでしょう。


ずっと読んでくださってたみなさんへ。
長い間、お付き合いいただき本当にありがとうございました。
特に石巻・仙台のみなさんには言い尽くせない想いがあります。
離れて淋しかったとき、そして震災のとき・・・
このblogを介して繋がりをかんじられることも決して少なくはなかった。
そのことがどれほどわたしの支えになったことか。
本当にありがとうございました。

blogという形ではないけれど、
近況はまた違う形でお知らせしようとおもいます。

このblogはポンの記録として残しておくつもりです。
ポンのこと、ときどきおもいだしてもらえたらうれしいです。

                          Fine.

C7939CB6-3CEB-4EC2-8731-569F38DC0F81.jpeg
スポンサーサイト



ナラコウ

先日、こんなコンサートへ行ってきました。

E1FAF496-5585-41D1-859A-7D9FB67FE3BC.jpeg


メディアでの露出も多いので知る人ぞ知る?なブラスバンド。
甥が3年間、ここでoboeを吹きました。
中学時代も含め 6年もオケやらブラスやらやっていたのに
一度もナマで演奏を聴きに行ってあげられなかったので
せめて最後の演奏会くらいはと足を運びました。

アスリートになってほしいという両親の願いに反し音楽の道を選んだ甥。
当初はどうしてなんだろう?とおもったけれど
おなじ畑の人間はわたししかいないので、
ゆみちゃんの血なんだな、ってことになってます(笑)
まぁ、そんなに悪い気はしないかな。

それにしても10代のエネルギー、すごかったです。
エネルギーだけじゃなく、前途洋々な空気に満ち溢れていて
すっかり圧倒されて帰ってきました。
music | Comments (-) | Trackbacks (0)

紅葉

所用で京都行ってきました。

浄土真宗は東本願寺境内の紅葉。

BA0B22B9-D6D5-423D-9371-02AC5318B230.jpeg

この秋は日中が暖かく、朝晩の気温差もあったので
広島でさえ紅葉がきれいだけどおもっていたけど、やっぱり京都。
色合いが全然ちがいます。
境内の風情ともあいまってとても美しかったです🍁

遺されたもの

8F28E8D3-7A62-4242-8F3B-DFDF896EFE1C.jpeg

10年ほど前に知り合いの彫刻家さんに作っていただいた木彫りのポン。
画像、縮小してるので細かい部分が鮮明じゃないけど
毛の流れや生き物の微妙な曲線なんかが繊細に再現されてます。


449F2646-48AA-48CE-AC0C-2CDEC3800658.jpeg

これが彫る前段階のスケッチ。
仕上がったあとにフレームに入れてプレゼントしてくださいました。
どちらもポンが亡くなってから一層、大切なものになっています。


この彫刻家さんが先月、亡くなられました。
ひと月以上も知らないでいてしまった。

この2年近く、会えてなかったのです。
大病をされていたこともあったのでずっと気にかけていたのに
顔を見に行かないでいてしまった。
こういう後悔は初めて。


会いにいくといつも笑顔で、温かい手で握手をしてくれました。
その手で生み出された作品は、どれも妥協を許さない
いつも自身の限界にチャレンジしてるようなストイックさをかんじさせました。
生み出されたものを眺めるのはいつも、とてもたのしかった。


そんな手で15年前に作っていただいた我が家のダイニングテーブル。

585EE405-C93D-4E6E-A6E4-9A1BBAD5EA39.jpeg

今日、心をこめて磨きました。
隅々までほんとに丁寧に手をかけて作られてあります。
磨くと今でもヒノキのいい香りがするんですよ。


広島の素晴らしい芸術家が遺した作品。
ずっとずっとだいじにしていこうとおもいます。

I love knit ♡

このところやっと気温が落ちてきて
大好きなニットが着られる季節になりました。
(といっても日中は20℃超えるのでちょっと汗ばむけど・・・)

先週のNHK「せかほし」でニットをとりあげてて
見てたら無性に編みあみ欲求が出てきた。
たぶん2年くらいなにも編んでない・・・。

最後に編んだのはこのプルオーバー。

6B7918B1-A48D-46BA-8168-266D5E1DD7DF.jpeg

ポンから目が離せなくなって、ひきこもりながら編んだもの。
ただアルパカの繊維を吸い込みすぎて喉がイガイガ。
おまけに汗っかきなので結局、一度も満足に着られてないという(笑)

でも、せかほしでも言ってたけどニットはプロセスがなによりの楽しみ。
着られなくても編むのです。
2年ぶりのリハビリ、なににしようか・・・。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

バタの衣装

フラメンコの衣装に「バタ デ コーラ」というものがあります。
普通よりも裾の長い衣装。
例えるなら、裾のすごーく長いウエディングドレス、ありますよね?
あんなイメージ。

最近、このバタを着て踊るためのレッスンを受けてます。
裾が長くて重いから、体幹使って足で蹴り上げて、の繰り返し。
レッスン終わると汗だく。

前回レッスンのとき、身体に合った衣装を作るための採寸をしました。
デザインもあちこち探してやっとイメージに合うのを見つけて
これからスペインで作ってもらいます。
さて、どん仕上がりになるかなー。

DD6E76B0-DD48-4AB3-98F4-242E05E0FBC1.jpeg
flamenco | Comments (-) | Trackbacks (0)

ルアクさん

バリの話ついでにもうひとつ。

初めてほんもののルアクさんを見ました。

633E2277-6CF7-4688-9A40-88D67D71CDE3.jpeg

コーヒー好きなかたならご存知の、あのルアクさん。
(ルアク=ジャコウネコ)

夜行性なので起こすな、なかんじでしたが・・・
ちょっと目を離したら起きてましたねー(笑)

B6721608-302D-4C2E-ADEC-15BBA3EC939E.jpeg

写真、かなりボケてますがそこは生き物ということで・・・。
ネコというよりかはイタチっぽいですね。

本物のルアクさんを前にして微妙な気分ではあったけど
その場でいただいたコーヒーは、少し酸味はあるものの
強いクセもなく、おいしかったです。

ジェンガラ

だいぶ前から好きで集めてるジェンガラ陶器。
流行り廃りに左右されないデザイン、質の良さがとても気に入って
箸置きとかマグ、プレートとか地味にちょっとずつ集めてました。

9AC6AD75-8428-488C-BD0A-724DA28CC371.jpeg

集めるといってもネットで買ってるだけだったけど
この前、バリ島はジンバランにある本店?を初めて訪れ
持ってなかった色の箸置きや新しいマグを買い込んできました。

A81CD2F4-6F69-4D14-B0D3-11D7BEA87A3D.jpeg

(画像の色味がよくないけど、最初の写真のフランジパニは白。
2枚目に写ってるフランジパニは淡いピンクなのですよ。)

実際にたくさんの品に囲まれてみると本当にすてきなものばかりで
目移りしっぱなし、気分も上がりっぱなし。


銀細工やアタに代表されるように
バリの人々の作るものは繊細で本当に細やか。
編み物好きなわたしとしては、こんなものにも心惹かれてしまった。

BA47607E-867E-45D5-8771-66A5B3323990.jpeg

61B1872F-770A-4052-B6D0-B124C9608303.jpeg

人の手で丁寧に作られたものはほんとにすてきです。

20

わたしが持ってる唯一のカープのユニフォーム。

20190924193349e3c.jpeg

今日がついに最後の登板となりました。

本当は旧市民球場でストライプのユニフォームで・・
がしっくり来るかな。
あの長い足を上げるフォームが見られなくなるのは淋しいです。

17年間、おつかれさまでした。
carp | Comments (-) | Trackbacks (0)

soleá

フラメンコ、今年もやっと本番が終わりました。

soleá、ほんとに難しかった。
みんなで知恵を出し合いながら?ポイントだけは押さえて
なんとか乗り切ったけど・・・
先生は終始、冷や汗ものだったみたい(笑)

いろいろ大変だったけど、
それよりも個人的に、今回は足のケガを再発させずに乗り切れたことが
なによりもうれしかった。
みんなと一緒にステップ、普通に踏めたしね。
完治がないことをおもえば十分な回復だったとおもいます。

新しい一年はbataとcanaにチャレンジ。
地味にリハビリしながらまたがんばります。


2019082821471614f.jpeg
flamenco | Comments (-) | Trackbacks (0)