交流戦

交流戦、上位で締めくくれました
上位というか・・・なんでこれは同率1位じゃダメなんですかね。
ルールになんとなく釈然としないおもいが残りますが・・・
気を取り直してここからまた、がんばりましょうってかんじです。

それにしても楽天の強さはすごかった。
こちらが負けた悔しさはあれど、
「ほんっっっと、強いなぁ・・・」と感心しきりでした。
ソフトバンクなんか引き離して、ぜひとも優勝してください
(カープがまた、戦えるかどうかは別として・・・笑)

スポンサーサイト
carp | Comments (-) | Trackbacks (0)

ぽんメモ

とうに梅雨入りしたものの、ちっとも雨の降らない広島。
そこまで暑くもなく過ごしやすい日が多いです。

ポンはすこし前にバイオワン(遠赤の温かい服)を脱がせて
最近はハダカでにょろーんと伸びて寝ています。

15歳8ヶ月。今月もおおむね、元気そうです。
ただ、ごはんは、ガッツキ感が心なしか落ちてる気がするかな。
食間に与えるスープも飲まないことがある。
(腎不全だと水分を摂りたがるはずだけど。)

あと、最近はきゅうりを上手く噛めないみたい。
(子犬のころからポンのごほうびはきゅうりかチーズ。
 市販のおやつはほとんどあげたことがない。)
観察するに、ひょっとしてどこか痛む歯があるのかと。
以前はポリッポリッ・・と気持ちよく上手に噛んでたんだけどね。
でも考えてみれば、この歳で抜けてる歯がないことのほうが
むしろ不思議なくらい。
あまり無理には食べさせずに様子みてます。

それ以外は、元気。
来週あたり、久しぶりに検尿してもらうかとおもってます。

ぽんメモ

やっとワクチン、打ってきました。

老犬にとってワクチンは命がけだよ、と先生。
だけど診察やお泊まりで病院へ出入りして、ほかのわんちゃんと
接する機会がある以上はやはり打ってたほうがいいね、と
今年も 5種ワクチンを注射。

帰宅して 3時間。
とりあえずアナフィラキシー含めアレルギー反応はないようなので
大丈夫そうです。 (とういか、夕飯をぱくぱく食べて寝た。)


今日は病院の駐車場がいっぱいだったので
歩いて3分ほどのコインパーキングに車を停めたんだけど・・
帰り道、ポンを抱っこして歩いてたら知らないおばさんが話しかけてきて
「あんた、この子を抱っこしとるの遠くから見よったら
サルを抱いとるんかとおもったよ~、ははは~」、だと。

そりゃポンは小さいし、しっぽもタラ~ンと下に垂れてますけどね。
サルはないよな。

カメラ目線

ひと月ほど前、毎年恒例の家族写真を撮りました。

15歳になったポンと、また一緒に写真が撮れた^^

今回、偶然にもなんとポンが正面をしっかり見てる写真が
一枚だけあり・・・たくさん撮った中から迷わずそれを選びました。

近年、撮影スタッフさんには
ポンがカメラのほうを見られないことは気にしないで、と伝えるのが常で
出来上がった写真もポンはあっちこっちみたり下向いたり・・・
それはそれで今の姿だからと大切に収めてはきたけれど
カメラの方をみてる写真は、それはそれでやっぱりうれしい。

データは来年にならないともらえないので
ここにアップはできないけど。
載せられるようになったらぜひ、みんなにも観てもらいたいな。


20170520.jpg

記憶が。

地味に続けてきたフラメンコも 5年目に入りました。

この4年の間、クラスの仲間も入れ替わり立ち替わりで・・・
いまはふたりぼっち。
たったひとりのお仲間さんと、お互いを励みになんとかやっています。
(というか・・彼女がいなかったらここまでがんばれてない。)


いろいろと慣れてきて楽しいことは多いのだけれど
最近の困りごとは、忘れ方が激しいこと。
その日に覚えた新しい振付を片っ端から忘れてしまう。
忘れてしまわないようにその日のうちに思い出そうとするのに
寝る前にはきれいさっぱり忘れてしまってる始末。
数時間前の記憶がこんなにあっさりなくなるものだろうか。

レッスンのときは忘れるもんかと必死なのに。

一体、どうしたものか。
flamenco | Comments (-) | Trackbacks (0)

ぽんメモ

病院おとまりの帰り道。

20170512.jpg

4月・5月とおとまりが続いてしまったので
体調を考慮して、ワクチンはまた見送り。

かまってほしいの。

このところ、いつにも増してポンが鳴く。
周波数のめちゃくちゃ高い、ヒーンヒーンって声で。

どこにいるんですかー?って、人間をさがしてるんだとおもう、きっと。
近づいて「ここにいますよー」と匂いをかがせたり、
触ってあげたりするといくぶん安心するみたい。

人間がいないときはおとなしく眠って留守番してるけど
家のなかに人間が居るとわかってると、鳴いたりくっついたり。
暗闇というのは、ほんとに淋しいんだろうな。


かまってほしいあまり、朝にわたしが新聞を読むのも邪魔する。
ほんとに、ページが繰れないようにど真ん中に居座る(笑)

20170510.jpg

ポンにとってのごはん

たまにはポンのごはんのこと。

昨春、初期の腎不全とわかってから、
すこーし、たんぱく質の量は加減しています。

腎不全といえばタンパク制限。
当初はわたしも低タンパク食のことをいろいろ勉強したりもしたけれど
極論、生きていくのにタンパク質は欠かせないわけで・・・
だから、なるべく良質のもの・・ささみや鶏むね、さかな、たまごなんかを
すこしずつ与えるようにしてきました。

本来なら腎臓病用の療法食(カリカリフード)を与えないといけないけど
ポンの先生もよくわかってくれていて
「音も光もないこの子から食べるたのしみまで奪えないよね・・」と
言ってくれたので、敢えて手作りごはんを続けてます。

もしもカリカリフードを与えたとして
寿命がすこし延びることもあるかもしれないけど・・・
いま大切なのはそういうことじゃないのでね。
ポンがおいしいなー、うれしいなー、とおもえるように
おいしいごはんを作ってあげたいです

ぽんメモ

この連休中、ポンさんは血尿モードでした。
今回は頑固?でなかなか治まらなかった。

血尿も、もう相当長い付き合いになるけど
実は未だ、どうなると起こるのかはわからないまま。
尿中細菌が増えるのが原因なのはもちろんだけど
それを防ぐために、まめにオシッコさせてたって出るときは出る。
逆に、タイミング悪くてちょっと長く放置してしまったって出ないときは出ない。

とりあえずいつものようにスープを多めに飲ませて
いつもよりも回数多く絞ってみてます。
すこしずつ落ち着いてきてるかな。

ぽんメモ

この週末は、わたしの両親のダブル法事があったので
ポンには病院にお泊りしてもらいました。
やむを得ず、2泊
老犬に2泊なんて胸が痛むけど仕方ない。

でも病院なら預けて安心な上に圧迫もしてもらえるので
わたしの留守時にはほんとにお世話になってます。
圧迫生活が始まってから、もうかれこれ7,8年。
これまでどれだけ預かってもらったことか・・・。
この病院がなかったらわたしの生活は相当、制限されてたとおもう。
ほんとに毎回、感謝です。


今日は、迎えに行ったついでに
先日の血液検査の結果を聞いてきました。

昨年、見つかった初期の腎不全に加えて
膵臓 (リパーゼ)の数値異常も認められたけど
ほかは15歳半にしてはきれいな数字だそう。
できる対処はしつつ、それなりのバランスを保って
静かに暮らしていけたらいいなとおもいます。

この血液検査の結果によってワクチンを、という予定でしたが
お泊まり中だとストレスも増えるので、
落ち着いてから改めて、ということになりました。


本犬、帰宅してからはひとしきり部屋の中を這いまわって、
ごはんをばくばく食べて、いまは死んだように眠ってます。
慣れてるとはいえ病院じゃ熟睡はできないからね。

おつかれポンさん