FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ ポンのこと
CATEGORY ≫ ポンのこと
       次ページ ≫

レントゲンとエコー

朝から絶食で検査、いってきました。

結果からいうと、腫瘍みたいに緊急性のあるトラブルは
まったく見当たらず、どの臓器も年相応の弱り方?をしているのが
改めてわかったかんじでした。

ちょっと気になった点をメモ的に記しておくと・・・

レントゲンでは
・気管が狭くなってるうえに、胸郭がほかのワンちゃんに比べて狭い。
 (食後の頻繁な咳の原因はおそらく、これ。)
・肺の機能の左右差が大きい。
・胃や腸にたくさんのガスがたまっている。
 (げっぷと関係ありそう・・・。)
・腸に宿便がほとんどないことが不自然すぎる。

そしてエコーでは・・・

20171106.jpg

・胆嚢炎を起こしている。
 (写真左、左側のおおきな黒いかたまり。データ的には問題なし。)
・膵臓に一部、硬くなっているところがある。
 (写真、真ん中。左下の黒い丸の下が濃い白色になっている。)
・慢性の膀胱炎がひどい
 (写真右、大きく立体的に盛り上がっている箇所。)
・臓器全般、よく動いている。


こんなことが改めてわかりました。
あちこちガタは来ているけれど、80歳、こんなもんかなと。
膵臓の様子だけは注意して追っていったほうがいいみたいです。
(ごはんは、油ものを控えるようにと。)

今日はとりあえず、胃腸のガス対策に
10日ほど整腸剤を飲んで、げっぷや食欲に変化が現れるかを
観察することになりました。


ところで今日、エコーで初めてわかったんだけど・・・
昨春から初期の腎不全と言われていたはずのポンの腎臓の動きは
思いの外、活発だったのです。
昨春から出ていたBUNの数値上昇は必ずしも腎不全を表すわけではないし
先生にも、腎不全とは断言してないよ、と言われてしまったけど。
なんだか釈然としない感じを受けてしまった。
これまでずっと腎不全ベースで話をされてきたのでね・・・。

まぁ、ポンがしんどくないならそれが一番、よいこと。
スポンサーサイト



まるで シカ

いつもよりも早めに秋が訪れた広島。
涼しくなって、朝の日差しも気持ちいいこのごろです。

朝ごはんのあと、決まって日の当たる場所でまったり。

20170929-1.jpg

左目でならわずかに光を感じられるらしいので
こうして光をみつけて這っていってはうとうとしてる。

実際にみてると、それはそれは変な顔(笑)

起こさないように近づいてみる。

20170929-2.jpg

これで、顔上げて寝てるんだからねぇ。
まるで宮島のシカさんにそっくり。

ぽんメモ

20170928.jpg

食べ残しの写真で失礼(笑)

最近、ときどきこうしてごはんを残す。
朝晩、この器いっぱいのスープごはんを食べますが
飽きたのか、単に量が多いのか
前ほどがっつかないし、うれしそうじゃない。
ぺろりと完食することもあれは、こうして残すこともある。

歳とともに食が細るのはイヌに限った話じゃないけどね。

腎不全のこともあるので、体重のチェックはマメにするようにしています。

ぽんメモ

ぽーこさん。

数か月前から、リビングのとなり、わたしの部屋へ行って
眠ることをおぼえてしまったらしく・・・
一生懸命、這っていっては「お布団、敷いてくださいな」みたいにスタンバイ。
(我が家、ポンと一緒に寝るために布団を敷く生活です。)

そしてずーっとこうして寝てる。

20170922.jpg

まぁ気持ちよさそうに眠っているのでいいんだけどね。
眠る時間が長くなった気はする。


今日は左目が開けづらかったみたいで
閉じてることが多かった。
傷によるものではないかんじだけど・・・。

飽きた?

ぽんこ、15歳11ヶ月。

食欲だけは変わらず、器の場所まで一目散に向かっていく。
(見えなくても、そこらへんはさすが。)
食いつきもよく、最初はガツガツ食べてるんだけど・・・

この何ヶ月かは途中で飽きるような素振りをみせる。
量が多いのか、単に味に飽きてるのか。

IMG_4637_convert_20170913202814.jpg

9月です。

この夏は、うだるような・・みたいな日があまりなくて
お盆を過ぎてからほんとに過ごしやすくなりました。
いつもよりもたぶん、ひと月くらいは早く秋が来たかんじ。
うれしい。

朝晩はだいぶ涼しいので、ポンの過ごす場所にも
もう、秋冬用のブランケットを敷きました。
ダックスさんのおなかは床に近くてけっこう冷えるのでね。

20170903.jpg

バイオワンもそろそろ着せないといけないかな。


ぽんメモ

2ヶ月ぶりに病院へ。
検尿と、来月分のフィラリアの薬をもらってきました。

診察の必要はとくになかったけど
ひさしぶりにお会いした院長先生。
ポンを見つけると 「どう、最近?げんきなの?脚は?オシッコは?」。

変わりなく落ち着いていて元気だと伝えると
「がんばってるねぇ。
 このお盆中は亡くなった(高齢の)子が多くてね・・・。
 げんきならよかったよ。」と。

ポンがこうして生きて、寝起きして、
ごはんたべたり歩き回ったりしてるの日々、見てると
心の準備をしてるつもりでもつい、元気なのが当たり前に思えてしまうけど・・
それはやっぱり当たり前のことじゃないんだろうな。

毎日をだいじに・・とりあえずは16歳をめざそう。

20170828.jpg