FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ ポンのヘルニア 2
CATEGORY ≫ ポンのヘルニア 2

ポンくんメモ

午前中、2週間ぶりの鍼

足が弱くなったことを話したら先生も不思議がってました。


呉のこの病院はトリミングもしてくれるので
今日もポンはツメや足の毛、ついでに体の毛もきれいにしてもらいました。
(ご飯のせいでフケがものすごい)
感覚のない後足はまだしも、前足なんて家ではなかなか
触らせてくれないので、ついつい頼ってしまいます。

それにしても鍼の効果は絶大
鍼から帰ってきてから、足やシッポがやっぱり強くなってました。

弱くなった直接の原因はわからずじまいだけど
(鍼を続けていても、なっちゃったからね)
それでもやっぱり鍼は有効だと感じます。

ポンくんメモ

今日はオンナノコ的(?)おはなし。

すこぶる快調にみえたポン・・・
実は先月の22日以来、もう1ヶ月も生理が続いてまして
出血が続いている上にシッポも長いこと曲がって「し」の字のまま。
少し様子をみてたんだけど、さすがにこれはと思い
今日、かかりつけの先生に診てもらいました。


検査で細胞を確認すると、なんと発情のピークが長く続いてることが判明。
明らかな子宮トラブルです。内膜症か蓄膿症といったところか・・。
今の段階では元気・食欲もあるし、トラブルから来る症状は見えないけど、
もしもあと発情出血が2週間続くようなら、手を打ちましょうってことに。
出血が終息に向かったとしても、数ヶ月内に避妊手術をすることになりそうです。



やはり、排尿トラブルがあるために雑菌がたまりやすく、
それが子宮に入ってトラブルを起こしやすい、ということ。
(もちろん、年齢も多分に影響してます)
ひとつ病気をすると二次的な病気がちょこちょこと出てくるね・・。

ほんとは、また体にメスを入れるなんてしたくないけど
先のリスクを回避するためにはやむを得ない。
ただでさえトラブルがあるわけだから、避けられるものは避けないとね。


今日は眼底検査もして、ダックスによく見られる病気傾向が
ポンの目にも少し出ていることもわかりました


生き物と暮らしてる以上、覚悟はしているつもりだけど・・
歳をとるってこういうことなのねぇ、とつくづく感じた一日でした。

リハビリ中

いや~大輔くん、めちゃsexyじゃないですか
ライサチェックも背が高くてカッコいいよねぇ
モデル業をするのも頷ける。
なんか今季は男性も女性も絵になる人が多いよね。

大輔くん、メダルとれるといいね~
早くフリーがみたい。



さてさて。
ポンちゃんは依然、記録更新中
最初のヘルニア後の状態に近づきつつあるくらい順調。
掃除や洗濯は大変だけど、まぁ嬉しい悲鳴ってやつかな

まだ療法食なので、食べたあとはよく泣いてます。。

100217_0850~02


昼間はポンの様子を見ながら私もちょっとずつ音出し
笛ちゃんが急遽、メーカーへ里帰りしてるので今は2号くんでリハビリ中。
まぁ練習とはいっても、今の部屋だと100%で音だしはできないから
鳴りに関してはまだなんともいえないけど。
でも、他はだいぶ戻りつつあるかな。
昔より、耳がかなり開いてる感じがするし。

あと・・馬とリンクする部分も実はあって
その影響がけっこう出てるかもしれない。
発見がたくさんあって楽しいです

つなぎで おさんぽ

サイトのタイトルが 『 ぽんさんぽ 』 なんてわりには
散歩が嫌いなポンくん。
(立ち上げ当初はこの回文、絶対イケる!とおもった・・・)
今日は久々のお散歩でした

100208_1618~01

たまーに後ろ足が、へた~っとなって座り込むことはあるものの
引きずったまま歩くことはなく、
枯れた芝生の上を、喜んで歩いてました
(もちろん・・おしっこしながら←依然、記録更新中!)

100208_1619~02

ところでポンくんが術後、ずっと着ているこの「つなぎ」。
これ、すんごい重宝してます。
なぜかというと、腰まわり、おしりや足の冷えを軽減できるから

7歳過ぎてシニア犬の仲間入りをすると
やっぱ人間と一緒で冷えはよくないんだそうです。
特に下半身が麻痺してる場合、こういうつなぎはホント助かる。

昔からポンはハダカ主義だったけど
今はパジャマも部屋着も洋服も、この形のつなぎばかり着てます
(ダンナさん曰く、ポンの服の方がオレの靴下より多いじゃないかー!だそうです)

1週間

ポンくん、記録更新中。
今日でちょうど1週間経ちました

寝起きにちょっとずつするだけなんだけど
動きを見てると、どうも足やしっぽの動きと関係してる感じ
立ったままブルブルブルって出来るようにもなってるし
特にしっぽは90℃まではいかないものの
ある程度の高さで左右にゆらゆら振れることもある。

量的にはたぶん・・全体の3割程度だと思うので
もうしばらくは様子をみようかなぁというところ。


神経が繋がったわけでも再生したわけでもないし
相変わらず痛覚もないままなので
ひょっとしたらこれはただの過程ってだけで
この段階を経て、またカチカチになっちゃうんじゃないかとか
正直思わないこともないんだけど。

でもなんとかこの状態が続くように
できるだけのサポートをしていこうと思います


そういえば前に鍼の先生に聞いたんだけど、どこの国でだったか
切れた神経が再生した例があったらしいね(もちろん人間)。
相当、奇跡的なことらしいけど。

いま日本では千葉大でだったか・・
神経の再生の研究が進められてるそうです。
もしもダメになった神経が再生できるとしたら
この世の中でどれほど救われる人がいるだろうね。
早くそんな日がくるといいのにね

記録更新中

このところ、広島は少し暖かい日が続いていましたが
今日は久しぶりの冷たい雨です。。



100201_1543~010001
     ぬいぐるみのカバさんを破壊中

すました顔して遊んでますが・・
なんとポンは土曜日に突然、ひとりでおしっこをしたんです。
なんかそれっぽい格好してるなぁ・・でもまさかなぁ・・
と思いながら観察してると、やっぱりしてる。
かれこれ3ヶ月ぶり?くらい。


最初のヘルニアの後というのは
場所は選べないけど、歩いたり走ったりしてる間に、
あちこちで少しずつするような感じでした(止まりながらね)。
まぁ場所はともかくとして、自分で出来て、しかも、
している自覚がちゃんとあることは幸いでした。

2度目は、手術直後は少しは出せてたんだけど
ある時を境に突然、出なくなってしまって
それでいろんなことを試してたわけです。
あまり効果は見られなかったけどね。

それがなんで突然ひとりで??
鍼の直後でもなければ薬を飲んでるわけでもないのに。
(出し切れずに残ってる方がもちろん多いので絞ることは必要だけど)

でもすごい嬉しかったです。

自分で出来たこともだし、それが今日で3日目になることも。
(薬飲んでる時は、出ても1日だけだった)

記録がずっとのびますように


ポンくんメモ

再検査しました
pHは正常値に戻ったものの、石や細菌はまだプラス。
細菌感染を繰り返すうち、菌自体が抗生剤の効かない
“耐性菌”に変化している可能性もあるかも、ということで
ディスク培養検査をしたんだけど特に問題はなく、抗生剤は終わり。

じゃぁ残った菌は・・というと
ポンのように基礎疾患があって圧迫排尿をし続ける生活では
「完全に絞りきる」なんて厳密には不可能なので
(誰が絞ったって、完全にカラにはならない)
ある程度の菌の存在は避けられないものとして
うまく付き合っていくことも大事とのこと。
定期的に検査をしながらね。

今回はもう少し療法食を食べて様子をみます。


本人はいたって元気
良く食べ、良く寝、よく走って(?)ます。

100127_1119~020001



私はというと・・先週、凹む出来事があって
まだ元気とまではいかない感じ
馬に乗っても気が晴れないしさ。

自分ががんばって何とかなることなら
何でもするんだけどなー。むー

でも仕方ないんだよね、こればっかりは。


ヒトリゴトでした。。