FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ ポンのヘルニア 2
CATEGORY ≫ ポンのヘルニア 2

ポンくんメモ

ポンくんは今日で薬を飲むのをやめることにしました

今週になってよだれの量が更に増えて
口の奥の方にたまったまま、なかなか切れないし
飲み込むのも苦しそう。
(犬のよだれってサラっとしてないのです。。)
そのせいで咳が止まらなくてゼーゼーしてるし
吐きそうになってることもあって。。
あまりよく眠れてない感じ

オシッコが出るようになるのが優先だからと思って
この2ヶ月ずっと様子を見てきたけど、あるのは副作用だけだし
今の状態ではリスクが多すぎるかなぁと。

それで電話で先生と話して、考えて、やめることにしました。

絞り切れるように気をつけていけばいいもんね。


今日はポンくんがぐっすり眠れるといいです

ポンくんメモ

091216_1935~010001

ポンくんは今日も寝ています。
(ポンの写真って、ほんと寝てるのが多い・・)

昨年からずっと飲んでる膀胱収縮剤と尿道拡張剤
ポンは膀胱の方の薬の副作用にけっこう敏感に反応したので
本来の量よりもものすごく少なめからスタートしました。
1日3回。飲んだ後はお腹がゴロゴロしたり
大量のよだれが口の中に溜まるせいで咳き込むことも多いので
そういった副作用の症状をよく観察しながら投薬量を段階的に増やして、
年末にちょうど通常の量まできたところです。
とにかくオシッコが出るようになることが優先。

でも、残念ながらあまり顕著な効果は見られません。
投薬量を上げた直後は一時的にちょっとだけ出るんだけど
それっきりということがほとんど。

今の量で最高なので、これでしばらく飲ませて
状態があまり変わらないような時は
薬を飲ませること自体をやめようと今は考えてます。

今日も泣いてます?

ポンくん、相変わらず泣いております

091225_2229~010001

ずーっと涙が出てるので、目元が固まってきちゃって
ちょっとかわいそう。
お昼寝中も、よだれが口の中で気持ち悪いのか
突然むくっと起き上がって咳をしたり口元をなめたり。
よだれは拭いてあげるんだけどね。

何日か前に、ちょっと嬉しい日記を書いたばかりだったけど
その後はやっぱり一進一退で、なかなか薬の効果は見られません。



「目の前にあることをただ、たんたんとこなしていくだけ」
こんなシンプルなことが難しい時もあります。
つい感情が入ったりしてね。
かわいそうとか悲しいとか、あぁ大変とかシンドいとか。

それは当然といえば当然だけど・・
こと介護に限っては、焦点は、感情ではなくて
あくまで目の前にある現実でしかない。

なんか、毎日鍛えられてますよ。

明日も鍼にいってきます。

気管虚脱

昨夜は大人ふたりがかりでやっとシャンプー。

091220_1920~010001

ポンはちっちゃい時からおふろや水が大嫌いだったので
家でのシャンプーもひと苦労
今はさすがに暴れることができないので
安全な姿勢をとらせて、なんとか洗ってみました。

ついでにドライヤーも嫌いなので、部屋を暖めてほとんど自然乾燥。
今日はもう毛並みも落ち着いたし、バラのいい香りがまだ残ってます



ところで昨日、鍼治療の時に咳のことを相談してみたら
「初期の気管虚脱かも・・」と言われてしまいました

気管虚脱はイヌ特有の病気で、小さい頃から頭を背側にのけぞらせて
上を見上げる、更にその状態でよく吠える犬が、
中高齢になってから引き起こすとのこと(加齢も関係あり)。
見上げたり吠えすぎたりして気管が押し潰されてしまう病気です。
(主にポメやヨーキー、トイプーに多い)


ポンがよく吠えるようになったのは最初の入院以降。
つまりこの1年くらい。
でも咳自体は確か、4,5歳くらいから水を飲んだあとによくしてた。
水を飲む時に見上げる姿勢を頻繁にとってた。
あと私達の食事の時も、下からいつもテーブルを見上げてたし。
というか、小型犬が人間と接するには上を見ない方が少ないくらい。


過ぎたことをあれこれ言っても仕方ないとはわかりながら
・・それでもヘルニア同様、これもつまりは生活習慣病。
飼う人間が知識さえ持っていたら防げたこと。
今からでもできることは、せめてやっていかないとね。

鍼・11回目

091213_1117~010001

遂に撮れましたよ、頭に鍼の図

ちょっと鍼が左に傾いてるけど、刺してるのはちょうど
額の真ん中というか、眉間のちょっと上、かな。


ポンの鍼も、数えてみたら今日で11回目になってました。
そんなに通ってたとは・・・。

効果はあるの?と他から聞かれることもあるんだけど
私が思うに、間違いなくあります!
痛覚がないだけに目に見えてはっきりとしたものではないけど
緩やかに変化が見られるんじゃないかと。

鍼をした日は特に、後ろ足の蹴りが力強くなるし、
しっぽが45度くらいだけど、上がるのを見ると感動します
(後肢・膀胱・しっぽは神経的に連動してるので、
今はしっぽをゆらゆら・ぶんぶん、と振ることはないのです)

もう少し、明らかな改善が見られるまで続けてみるつもり。


091213_1221~010001
     今日もつかれたょぉ   

効果か副作用か

091209_1403~010001

このところ、寝起きは口元がいつもこんな風になってしまうポン。
薬の副作用でよだれが多くなるのです
顔を横に向けて眠るので、鼻周りとアゴの下が濡れてしまう。
あと涙や鼻水もすごく多いので、顔がちょっと汚い。。

効果か副作用か・・というのは飼い主にとっては究極の選択。
長期間、副作用を伴う薬を服用させるなんて
小さい体には酷だしかわいそうだし、いいわけないんだけど
薬を飲まずにオシッコが溜まれば、今度は2次的なトラブルが避けられない。
長い目で見て、必要な方を選んでいくしかないんだよね



私は、今日やっと髪を切ってきました
短いので、ひと月過ぎるとなかなかツラいものがありまして。

ポンの薬と圧迫排尿は今、1日に3回。
薬の後、1~2時間は体調の変化を見てたりもしなきゃないので
この1ヶ月は、合間の時間に出かけて用事を済ませて・・という感じ。
美容院行くのは結構、厳しかったりします。

往復とレッスンで5~6時間くらいかかる馬なんて
当然行けるわけもなく

まして日帰りできない実家なんて、もってのほか。。

まぁ一時的なものだけどね。


気分転換しなくちゃと思って、髪型をかえてみました。
すっきりした~

おさんぽちゅう

091129_1411~020001

お散歩中
立ち上がっている時間が長くなってきたので
もう後ろ半身をタオルで吊らなくてもいいみたい

この写真・・こうして立ってるのみると
両足が麻痺してるなんて信じられないよね
(痛覚がなくて立ち上がることなんて普通はないらしいです。。)
左後足の神経はほとんどないけど、右後足の方は少し生きてるので
両前足に体重をかけて、右後足でバランスとって立ってます。

091129_1411~010001

数歩、歩くと左足がこんなふうにクニョっとなっていく。

それでも一応、鍼の効果が出てきてるのか、
左足も少しずーつだけど神経が戻ってきてはいるみたい。
ゆっくりゆっくりだね

膀胱を収縮させる薬は、土曜にblogをアップした後、
やっぱりよだれがダラダラと出てきたので、
投薬量を更に細かく調整していくことになりました。
それでもよだれは軽く出てるんだけど・・
ある程度は慣れさせることが必要みたいだから、少しのあいだ辛抱です。