FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ favorite
CATEGORY ≫ favorite
       次ページ ≫

食べられないチョコ

遅ればせながら・・
最近、ダックスさん系のInstaでよく見かけるコレをやっと手に入れました。

IMG_5548_convert_20190210201742.jpg

かわいすぎる
胴長ってステキだ。

デザインパターンが多くて探し当てるの大変なんだけどね。
(長く探してるとヒンシュクだし。)
でもダックス好きは絶対、みんなやってるんだろうなー。
しかも絶対、みんな食べれずに飾ってるんだろうなー。
スポンサーサイト



favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

再び、カラス

マリア・カラスの映画のことを書いたばかりだけど・・
偶然にも最近、BSでやってた映画「フィラデルフィア」で
カラスの歌声が印象的に使われていたシーンを観て、
またジーンとしてしまいました。

フィラデルフィア、1993年の作品。
若かりし頃のトム・ハンクスがエイズやゲイへの偏見と
闘った弁護士を演じた、ある意味、ノンフィクション的な作品。

劇中でトム・ハンクス演じるベケットが
死への不安を抱えて生きる苦悩を吐露するシーンのうしろで
カラスが歌うアンドレア・シェニエの中のアリアが流れます。
この歌詞と自らの人生を重ねて語るベケット。
絶望や孤独感、でもすこしの希望を感じさせる大切なシーン。

なんか、カラスのドキュメンタリーを観て日が経ってないので
映画の内容以上のものを感じてしまって、かなりかき乱されました。
(というか、このアリアがあまりにも圧倒的すぎる。)


カラスのドキュメンタリーを観てから
相変わらず、カラスの歌声ばかり聴いてるこのごろです。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

撤退とか廃盤とか・・

その発色が気に入って長年、使ってるネイルラッカー。
そろそろ切れそうだとおもい買いにいくと、ない。
さがしてもさがしても、ない。
聞けばそのブランド、国内から撤退するので取り扱いをやめたんです、と。

今の時代、ラッカーやジェルのカラーバリエーションは数あれど
自分の手指の雰囲気や、肌色に合わないカラーは絶対に乗せたくない。
それで長い時間かけてさがして、やっと巡り合えたカラーだったのに・・

たまたまなんだろうけど・・・
気に入って使っているアイテムが廃盤になるとか国内から撤退するとか
そんなことに、よく遭います。
いま使ってる化粧品の前に使ってたブランドも化粧品部門だけ国内から撤退したし
10年来、使ってるマスカラもいつの間にか
お気に入りのブルーやカーキが廃盤になってるし。
ほかにも、「あー、そのアイテム、作らなくなったんですよー。」といわれ
在庫を買い占めしたものもいくつか・・・。

わたしが世の中の流れから置き去りにされてるのか?(笑)

でも、あのラッカーだけは諦めがつかない。
オンラインで買い占めるか・・・。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

トマト煮込み

このところ、洋食を作ることがめっきり減りました。

我が家、だんなさんの仕事的事情で
この1,2年で生活パターンがすっかり変わり、
彼の在宅時間が増え、夜のごはん当番?は今やほぼ半々、
わたしはウィークデイ、だんなさんは週末担当なかんじで・・・
世の主婦のみなさんよりとてもラクさせてもらってます(笑)

だんなさんはもっぱら洋食専門。
わたしはバランスをとる意味で和食含め身体にラクなものを作る。
なので、こってり系とか足し算系のものをあまり作らなくなったわけです。

でも今日はどうしてもモツを食べたくて久しぶりにトマト煮込みを作りました。
トリッパが大好物なんだけど、さすがに高いのでホルモンミックス+センマイで。
(ミックスにわりとトリッパも入ってた
下処理はすこし面倒だけど、放っとく料理はやっぱラク。
塩がちょっと効きすぎたけど、ワインは進みました(それはいつもか)。

あしたは残りのソースでパスタ食べよう。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

ひじきと ふのり

わたしは海育ちということもあり
海産物系の乾物にはちょっとうるさいのですが・・・
広島にきてから、初摘みのひじきというものに初めて出会い
ひじきがますます好きになりました。

ひじきといえば春の収穫が一般的だけど
初摘みというのは11~2月に収穫されたもの。
よくあるひじきよりもすごく細くてコシが強く、なにより香りが独特。
火を入れるよりもナマに近いほうが断然、おいしくて
サラダとか、あっさりしたペペロンチーノで食べるのが最高。

これまで毎年、下関出身の知り合いから、おばあちゃんが収穫したという
初摘みひじきをいただいてたんだけど
年々、不漁になってきてなかなか食べられなくなり・・・
淋しいなーとおもっていたら、呉の倉橋は石野水産さんが
とてもこだわりをもってひじきを扱っていることを最近知り
さっそく、取り寄せてみました。

20180225.jpg


下関のおばあちゃんのほどではないけれど
そうそう、この香り!!・・なひじきでうれしかった。
固めにもどしたのを塩だけで食べたらほんと、おいしかったです。


しかし・・・
ひじきに増してわたしが大大大好きなのは、ふのり。
広島、ふのり売ってるところ、ほとんどないんですよ。
引っ越してきた当初、ふのりないのかー・・・とショックだった。
帰省すると、それを聞いた母がいつも持たせてくれたものでした。

母が亡くなってからは、石巻を訪れるたびにあちこちで買って
食べ比べして・・・ヒットしたのが写真左の丸平さんのもの。
香りはもちろん、太くてコシがすごい。
以来、5パックとか普通にまとめ買い。
(かつおぶしやさんなのに、スミマセン・・・笑)
ふのりも、しっかりしたものだと味噌汁はもちろんのこと
サラダみたいにシンプルに使うのがほんとにおいしいです。

毎日、食べられるのがほんとに幸せ
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

愛車とのお別れ

先週の水曜。
我が家の愛車、Z4さんが逝ってしまいました
遂にというべきか、突然にというべきか。

10万kmを超えたころからトラブルが増えはじめ
度重なる故障を何度も何度も直しながら乗ってきました。

トラブルが起きるのは決まってわたしが運転してるときで(ほんとに!)
たいがいはエンジンがかからなくなったり、止まったり。
あとは消耗品と呼べる部分が次々と壊れていった。
ショッピングモールの駐車場で、ほかの車に頭を下げながら
JAF待ちしたこともあったな。
エンジンがかからなくなって路肩でディーラー待ちもあった。
こちらからディーラーへ持ち込んだことも数知れず。

いつもどこかでハラハラしながらハンドルを握ってた。
(警告灯はある意味、トラウマ。)
ダメになると、車なんてほんとに鉄とプラスチックの塊だなーとおもう。


こんなふうに書き連ねるとまるで悪い車だったかのようだけど(笑)
それは晩年?の話。とってもカッコよくて楽しい、いい車でした。
13年間で12.5万km。がんばった。

今回も修理の選択肢はあったけど、例によって国内にはもう部品がない。
お金もすごくかかる。もう、ここらへんにしておこうってことで
思い切って廃車を決めました。


しかし淋しいばかりも言ってられない。
我が家、車がないと不便な場所に住んでいるうえ
いまはポンのこともあり、急いで次の車が必要だったので
早速、週末に中古車をみてきました。
いま代車に乗りながら納車待ち中。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

年末感?

広島の年末の風物詩、「第九ひろしま」を聴いてきました。

第一部のゲストがなんとバンドネオンの小松亮太氏。
いまや、日本における第一人者といっても過言ではない
彼の演奏をナマで聴けるなんて広島市民、贅沢です。

ナマのバンドネオン。
哀愁をおびた切ない音色がとてもこころに沁みました。
この数日、ちょっと涙もろいので尚のことね。

肝心の第九は、わたしの大好きな西村悟さん(tenor)が
ソリストで来ていたのでこれまたテンション上がりました。
(そもそも、そのために早々にチケットをgetした)
もっともっと、その声を堪能したかったけど第九だから仕方ない。
ナマ声を聴けただけで満足。


なかなか12月って実感がなかったけど
第九を聴いてやっと年末な感じがしてきました。
あとは年賀状を書かなくちゃだ。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)