FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ いぬごはんのこと☆
CATEGORY ≫ いぬごはんのこと☆

咳の原因

この1週間くらいで気付いたこと。

ポンの原因不明の咳。
まさかとは思うけど、ドライフードかもしれない。

もちろん成分が問題なんじゃなくて、ポン、あんまり噛まないから
硬いのが喉にひっかかってイガイガしてるだけなのかも?
人間も、クッキーとかビスケットとか、半端に噛んで飲み込んだら
ちょっと喉にひっかかったりするでしょ。
ひょっとしてあれと同じことが起こってるだけなんじゃないかと。
歳で気管も狭くなってきてるだろうからなおのこと。


なぜそう思ったかというと
ここ1週間くらい、カロリーダウンさせるために
ドライフードを休んで手作りスープご飯だけを食べさせてたら
食後の咳がピタっと止まったから。
試しにトッピング程度にドライフードを加えてみると
やっぱり咳をする。

もうちょっと検証?しないといけないけど
苦しいそうな“えづき”がないだけでも体の負担は
相当減るだろうからね。

小さなことでもトラブルを減らせるのならそれでいい。

増量の効果

スープ増量は即効性あります・・。
ポンのオシッコはものすごーく薄くなりましたよ

でも、飲水量が増えるということは
単純にオシッコがたくさん溜まるようになるということで
圧迫排尿がこれまた大変。


圧迫排尿してる方々の参考になると思うので敢えて書きますが
溜まりすぎても絞りづらいもの・・(だよね?)。
昔、夜店で売ってた水風船級?になるとなかなか絞りきれません。
大きすぎると本人の力みでどんどん絞りづらくなってくるので。。

まぁこんな場合は絞る間隔を短くするしかないんだけど。


将来、ずっと続いていくことなので、
なるべくしんどくならないように考えて対処していかないと、ですね。



少し気になるのがカロリーの問題。
スープを増やすのは簡単ではあるけど、やはり体重が増える心配があります。
重くなると椎間板に負担かかるし
ますます後ろ足が使えなくなってしまうから
絶対におデブさんにはしちゃいけない。

ほんとは水だけがぶ飲みしてくれたら一番ラクなんだけど
ポンはもともと水をあまり飲まない。
おいしい香りや味の付いた水と思っても
甘いフレーバーのハーブティもあまり好んでは飲んでくれないので悩ましいところ。

方法を考えなくちゃ・・です。

スープ増量中

むむむ~。
ポンのオシッコが改善しません
細菌とか出血反応はないものの、とにかくストルバイト結晶がいっぱい。
抗生剤では消えなかったんだねぇ。
飲んでからだいぶ経つサプリの効果も微妙なところ。

でもこの結晶を放っとくと結石→手術・・になってしまうので
なんとか防がなくちゃならない。


とにかくもっともっと水を飲ませて薄めてください、と先生。


けっこうスープとかで摂らせてるつもりなんですが・・。


いや、色を見る限りはまだまだ足りないと思います。
もっと飲ませてください。




そんなわけで、スープ増量中。
がんばるわよ。

だってね、これでダメだったらpHコントロール用のご飯を
食べないといけないって言われてしまったんだもの。
あの恐ろしい防腐剤入りのごはんをまた食べさせるわけにはいかない

だからおいしいスープをいっぱい作ります。

024_convert_20120224152530.jpg

イヌのごはん

ポンの食事を手作りメインにするようになってからというもの
繰り返し開く本たち。

002_convert_20120209215137.jpg

いろいろと読み漁った中でも、
捕らえかたによってはとても役に立つと思うものです。



栄養辞典」の須崎先生は知る人ぞ知る、犬ごはんの神さま??的なお医者さん。
どう活用するかは別として、手作り派の人は持ってたほうが良さそうな一冊。
私も老化・アレルギー、感染症・・あらゆることに対応した
食事を考えるのに、参考にさせてもらってます。


ペットフードで・・・」の著者は、ペット系ライター?といっても
過言ではない坂本徹也氏。
ペットフード・手作りご飯・栄養学・ペットビジネス等・・
とにかくペットの食に纏わることを客観的に学び、考えられる本。
こういうライターさんの存在はとても貴重です。
ペットと暮らす人間はこういった客観性を常に持っていたい。


アレルギーの・・・」は人間サマ向けの本。
生き物という観点から見れば、アレルギーが起こるメカニズムに変わりはないわけで。
アレルギーってなんなの??という問いにも十分応えてくれるし、
対処法のヒントになる話がたくさん書いてあります。




何れの本にも共通しているのは「木を見て森を見ず、になっちゃダメだよ」ってメッセージ。

つまり特定の栄養素や成分に囚われて大事なことを見落とすなってこと。

人間界?のサプリや化粧品の通販なんかでも昨今は顕著だけど
特定の栄養素・成分だけに振り回されるほど愚かなことはないわけで。
(例えばブルーベリーが目に効くとか、コラーゲンがどうの、という安易な発想)


結局、大切なのはバランスなのであり、
どれほどの情報に取り囲まれても、必要なものを取捨選択する知性と知恵を持つこと、
そして方向を見極め、前へ進むこと。


イヌのご飯からはだいぶ脱線したけど。。
つまるところ、大切なことは一緒なんだろうね。

犬の薬の飲ませ方

ポンは今、抗生剤と気管支拡張剤の2種類の薬(錠剤)を飲んでます。

しかし・・最近は薬を飲んでくれず、ママ?は格闘しています。



処方当初はカリカリご飯と一緒に何気なく食べてくれたんだけど
次第に匂いに気付き、残すようになり・・
次に生肉に混ぜてみた(ご飯を模索中なのでね・・)。
でも、人間が強く感じるほど肉臭が強かったのに
練り状の肉の中から巧みに錠剤を見つけ、ポロっと残す。
錠剤じゃダメかと思い、砕いてまんべんなく生肉に混ぜたら、
生肉を丸ごと吐いた・・。


むー・・。


おいしくて甘ーいにおいのするスープご飯なら気付かないかも・・
と思いきや、なんと、スープの中から見事にそれだけ残す。

犬は本能的に、自分の体にとって毒になるものとそうでないものを
嗅ぎ分けるとはいえ、さすがな嗅覚。


それでも騙されて、ぜーんぶ食べちゃったときは
「やった!勝った!」と思ってしまう(笑)


最後は、口をこじ開けるしかないんだけどね。
なるべくご飯でがんばりたいかな。

イヌのごはん

ポンのごはんを本格的に手作りにし始めて1ヶ月が過ぎました。

処方食みたいなドッグフードも保存料や酸化防止剤といった類の添加物が
いろいろ入っていて、おしっこのpHコントロールや結石予防だとはいえ
それを食べてアレルギーになる子はたくさん居る。

ポンがこれまで食べてたフードも、酸化防止剤として使われていたのは
ガソリンのそれと同じものだったと、つい数日前に気付いた。
(かなりショックだった。。処方食でさえそんなレベル。)

とにかく・・添加物の入っていないものを食べさせなきゃと
手作りを始めて、最近、ようやく抜け毛が減ったり、いいうんちを
するようになったりと、一度に全部は良くならないものの
改善される部分も見えてきたかなぁというところ。


しかーし・・ついに恐れていたことが。。


pHがアルカリ性に傾いて、結石ができてしまいました。
野菜、食べ過ぎたかな。。
おしっこを濃くしないために水分を摂らせたいんだけれど
野菜を食べさせすぎるとこうなっちゃう。


複数の疾患を持つ場合は、どうしても優先順位があって
例えば、今のポンの場合は気管支・アレルギー・尿、の中で
絶対に最優先で抑えなきゃないのは尿の細菌とか結石。
(この期に及んで、外科手術なんてイヤだ・・・。)

アレルギーの改善のためとは言っても、結石が出来るような
食材は使い方を考えなきゃいけない。


           ☆

それにしても犬のご飯についての考え方は幾通りもある。
もちろん、そのことに真剣に取り組んでいる人たちの発信してることなので
正しいとか間違いはないんだけどね。

例えば・・
そのルーツを考えれば、内臓・骨を含めた肉の生食に限るとか
犬はその歴史の中で家畜化されてきていて何でも食べられるのだから
ひとと同じようにあらゆる食材を摂るべきだとか、
かと思うと、消化できない野菜、穀類は絶対ダメだとか、
まずは解毒ありきだから、そういう食材を多く摂らせるとか・・・。
まず、腸内環境だろうとか。


とりあえず敵を知ろうと思っても、こんな感じでね・・。


ポンが元気になればそれでいいんだけどなぁ。



私のお勉強の日々は続くのでありました

ひさびさおしゃべり

またまた久しぶりの日記です。


日に日に元気が出てきました。
車の運転はやめたほういいんじゃないの?って感じの状態が
1ヶ月ほど続いたけど、曇ってた視界がようやくクリアになったかな。

あれこれと重なってたから仕方ない。
黙って時間をやりすごすことも大事だね。


ポンちゃんは咳もあまり出ず、とても元気。
抜け毛とかゆみは気になるものの、
毎日、スープご飯を食べてゴキゲンそうで、私も嬉しい。
ダックスのような“垂れ耳さん”はスープを食べると耳がぬれてしまうので、
スヌード買ってあげました(ついでに、抱っこ用のスリングも)。


しばらくの間、栄養学とかアレルギーとかの資料を
いろいろと読み漁ってみたけど、犬の栄養学って確立されてるどころか
まだまだ閉ざされてる世界みたい。
各分野の人たちが研究開発してたりはするけど
なんというか・・理論は教条的な感じを受けるものも少なくない。
(この10年の、人間の健康ブームや女性の美肌ブームと同じ・・)


大事なのは「その子に合うものを見つけること」。
その子に合うのならばなんでもいいんです。
それを選ぶための自分の引き出しを増やす努力をする。


だって・・毎日毎日、その子の状態を観ていることが一番大切で
それが出来るのはやっぱり飼い主だけだもんね。
がんばって何とかなることなら、がんばらないと。




台風が近づいていて、雨や風が強くなってきました
ついでに今夜は阪神戦も中止。

2勝1敗で勝ち越したことにしておこう・・