FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年02月
ARCHIVE ≫ 2008年02月
      

≪ 前月 |  2008年02月  | 翌月 ≫

グラウンディング

2月も終わり
この前、年が明けたばかりだと思ってたのに、早いね。

1ヶ月ぶりにオーラソーマ行ってきました
ここへ行くことで、定期的に自分のことを点検できる感じがします。
生活の中でもいい具合に活かせてるし。

今日は「グラウンディング」について考えてきました。
これは私の今年の(というか、たぶん人生の)テーマでもあります。

「グラウンディングする」っていうのは、文字通り「地に足をつける」ってことだけど
これ、人によって意味の捉え方が違うみたい。
私にとってのグラウンディングというのは
「地に足をつける=自己受容=揺らがない=柔軟」。
実際、こういうふうに体感してるから
これ以外に意味ってあるのって思ってたけど
物質的に豊かであることや、経済的に自立してること、
ふらふらしないで落ち着いて生活するって意味に
捉えてる人もわりと多いんだって。
まぁそんなことはいいんだけど。


ここ1週間、ちょっとイヤな感じで悶々としていたので
このタイミングで、先生とグラウンディングについて
改めて考えられてよかった

オーラソーマってほんとに奥が深くて、いつも勉強になる。
(占いやカウンセリングじゃないよ、念のため。)
宇宙や人間の真理についていつも考えさせられるし
それによって自分の中で大きな気付きが得られる。
その気付きを意識して生きていくことで、更に変化が起こるし。
キャッチするアンテナも研ぎ澄まされるしね。
私に向いてたんだろうな。

以前、お世話になってた人が私によく言ってくれた言葉で
「同じコトを繰り返してるように思えても、らせん階段のように
ちょっとずつよくなってるんだよ」っていうのがあって。
よく思い出しては自分を励ましてます。
1年後はどんな自分になれてるかなぁ。
スポンサーサイト



あたしにも買ってくれよ。

楽器を習う人の中に、たまに楽器マニアがいたりします
とにかくたくさん楽器を持ってる。
例えばフルートの世界だと、海外メーカーのGoldを持ってたり
ヘッドだけすごいものに替えてたりとか
いかにも通好みのものに手を出してたりとか。
正直、その知識の豊富さにはついていけないこともしばしば
心の中では「そんなイイもの、ちゃんと吹きこなしてあげなきゃかわいそう」
なんて思ってたりもするんだけどね。
(そう思いながらも、ちゃっかり借りて自分も吹いとく・笑)

今日、そんなマニアックな昔の生徒さんから久々にメールが。
また買っちゃったらしい(おいおい・・
音が出ない頃から(!)Goldを使ってた人だけど
たぶんこの10年の間に3本は買ってるはず。

マニアとはいえ、趣味にそれほどのお金をかけられるってすごいような羨ましいような・・。
1本をそれこそ何年もかけて吹き込んで、自分の色合いを出していく過程を思うと、
けっこう複雑。でもこればっかりは口出しできないし。
せめて上達してくれてれば楽器も報われるってもんです。

・・っていうか、私にも1本買ってくれよ。なんなら車でも馬でも・・

イチゴ

この前、用事があって岡山の農場へ行ってきました
ものすごーーーく広い敷地の中に、たくさんの農家があって
その敷地自体で、ひとつのコミュニティができてる感じ。

この日は500頭の牛を育てている牧場の方と、
(この敷地の中に5000頭の牛がいるっていうから驚き
あと野菜を作っている方のところへお邪魔してきました。
なんか牛やらイヌやらいっぱいいて、すぐにでも
写真撮りたかったんだけど、お会いしたばかりでは
さすがに不躾かと思い、とりあえず牛はガマン(?)。

しばらく様子を見て、野菜を作ってるハウスへいった時に、
やっと許可を頂きました。
イチゴでーす
080225_1742~0001

みずみずしくておいしかった

この農場の生産者さんたちは2代目の方が多くて、
そのほとんどが30代前半らしいんだけど
なんていうか、ものすごい情熱があってちょっと驚いた。
昔のような「作るだけ」の生産者ではなくて
流通から消費に至るまできちんと把握したい、
自分たちが精魂こめて作ったものを通して
社会としっかり関わっていきたいんだ、という思いを
すごく熱く語っておられて、なんか圧倒されました。

農場をやってる人と話す機会なんて普通ないし、
短い時間だったけど、知らない世界が見れて
とてもいい勉強をさせてもらえました

太陽のひかり・ハダシで土

今日は暖かくて気持ちのいい1日だったので
ポンとちょっと長めの散歩に出ました

15℃近くあったんじゃないかなぁ・・。
歩いていてかなり気持ちよくて
(誰かさんはシッポ入りまくりでとぼとぼ歩いてたけど・笑)
太陽のひかりをたっぷり浴びた感じ

帰ってきてから、毎日読んでいるオーラソーマの
メルマガに目を通すと、偶然にも

『太陽の光に額を当てること』
『裸足で土に触れること』
『適度な運動をすること』
これらを意識的に取り入れましょう・・なんて書いてあった。

日々、電磁波にさらされていると、
体の骨の髄まで電磁波が染みこんで、怒りっぽくなったり
疲れやすくなったり、ひどいと鬱になっちゃったりもするんだって。
過剰の電磁場が、体のエネルギーのバランスを崩してしまう。

そんなときは自然とともにあることが
最もヒーリングをもたらしてくれるんだって

“ハダシで土”はさすがに難しそうだけどね。
でも気持ちいいだろうなぁ。

あゆみちゃん

最近、「ハチミツとクローバー」をつい見てしまいます
原作は読んだことないからドラマのストーリーを追ってるだけなんだけど。

あゆみちゃんが切なくて、かわいくてねぇ・・(←姉さん目線)。
なんか感情移入してしまう。
つくづく、マヤマは罪なオトコだよね、なんにもわかってないところが

だけど、自分の想いに正直に生きていくってやっぱりいいな。
自分の想いとは裏腹に歩かなきゃないことだってあるもんね。
叶わなくたっていいから、正直でいられたらと
あゆみちゃんを見てていつも思います(真剣に見すぎ・笑)

    ☆ ☆ ☆

今日は早起きして午前中、馬に行ってきました。
平日は人が少ないので、濃いレッスンが出来ていい。
いつの間にか20鞍を越え、少しずつだけど、
課題だった脚の位置や使い方がわかりかけてきてる感じ
もう膝を擦りむくこともなくなったし。

早くブーツ来ないかなぁ・・
いま、帽子も注文してるとこなんだけど
取り寄せしてもらって試着するたびになかなか合わなくて、
時間がかかってるのです。
私のアタマの形ってどうも変みたいで
横の骨が妙に当たって、ずーっと被ってると頭が痛くなる。
だからって1サイズ大きくするとぶかぶかになるし。
アタマ張ってんのかなぁ

大フィル東京定期

日曜日、サントリーホールへ行ってきました。
大植英次さんが大阪フィルを率いての東京公演
大植さんは、私の大好きな指揮者です。
指揮者を観て感動したのは、たぶん大植さんが初めてで、
以来、広島で振るときはかかかさず観てきました。
(広島のご出身ということもあって、広島での演奏はちょっと特別な感じがする

サントリーホールでそれが聴けるだけでもで十分ゼータクなんだけど
なんとなんと今回、小曽根さんが競演しました
ジャンルも違うし、このツーショットを観れる日がくるなんて
数年前は想像もしなかった。
近年、小曽根さんがクラシックにチャレンジし始めて、
いろんなオケとコンチェルトをやるようになったので、
ひょっとしてそのうち観れるかも・・とは思ってたけど
まさかこんな早くにそれが実現するなんて、私ってほんと幸せだ

コンサートが待ち遠しくてこんなにワクワクどきどきしたのは久しぶり。
ほんっっとに幸せな2時間半でした。
(たぶん本番中、私はキラキラ目だったと思う・笑)

感動したことを忘れたくないのでぜーんぶ書きますが、
この先はいつものようにオタクの喋りになるので
興味があれば・・・読んでみてください(ほんとに長いよ)

初登場・けんたろう

080213_1238~0001

ついに、2匹めのワンコが・・・ではありません。
乗馬クラブの看板犬のけんたろうくん。
こうやっていつも玄関でおりこうに座ってます。
建物の中を自由に歩き回り、女性用ロッカールームにも
入ってくるすごいヤツ(笑)

ここにはインストラクターさんの飼い犬を含め、
イヌが4、5匹(たぶん)はいます。
自分のイヌを連れてレッスンにくる人も、たまーにいる。
ポンもそのうちデビューする気でいます。

今日は早起きして、午前中に乗りに行ったんだけど、大雪
080213_1246~0001

でも、この山の寒さにもだいぶ慣れてきたかな。


今日は初めて・・軽ーくヘコみました。
初めて乗るウマだったんだけど、動きが全然つかめなくて
自分の課題にチャレンジするどころか、
振り出しに戻ったような勢いで・・くやしかった~

自分と合いやすいウマ・合いにくいウマがいるのは当然で
いろんなタイプに乗ることで上達していくものなので、
まぁこれもアリさ・・とは思うものの、先は長いなぁ。
次はがんばろ

ぶたガム

いつも行ってるペットショップのカードのポイントが
たまったからと、プレゼントに“ぶたガム”をもらいました
豚耳でコーティング?してあるガムかな。

見たこともないおやつを前に、神妙な面持ちでマテをしています。
080207_1857~0001

この手のおやつってあんまり食べさせてないので
ちょっと迷ったんだけど・・まぁたまにはいいか。

案の定、ものすごいがっついてました(笑)
この世にこんなウマいものがあったのかと思ってただろうな。
完食するまでの3時間・・私が何を話しかけてもシカト。
近づくとガムを持って逃げて隠れるし。
ちょっとおもしろかった。

だだだだだっくす

シエンタのCM・・

あらいーぐーままままままままま
まんとーひーひひひひひひひひひ
ひとこぶらくだだだだだだだだ
だっくすふーんーどどどどどどどどど

080127_0030~0001

どーも

最近、気付くとエンドレスでうたっています。
(この歌のタイトルってなんていうの

安田成美、かわいいよね~

東急ジルベスタ

「東急ジルベスタ」・・というのは、
毎年、大晦日にオーチャードホールであるクラシックのカウントダウンコンサートのこと
派手めな曲を年が明ける数分前から演奏して、
曲が終わった瞬間に鐘を鳴らして年明けを祝うという
指揮者にとっても観客にとっても特別な緊張感のあるコンサートです。
(演奏は絶対にオーバーできない。タイムを逆算してスタートして
0時ちょうどに終わらせなきゃいけないので、この緊張感はものすごい)

そのハイライトの放送が今日ありました。
毎年毎年、かなり楽しみにして観てるんだけど
これを大晦日にナマで聴くのが私の夢

去年、「今年(2007-2008)は絶対に行く」と決めて、
情報を逃さないように、BUNKAMURAのメールマガジンまで登録して・・。
そして今回のカウントダウンが“ローマの松”だと知った時は
(ちょっとマニアックでごめんね)
かなり嬉しくて、想像するだけでひとりで勝手に盛り上がって
行く気マンマンになってたのに。
行けなかったのでした・・

なぜって・・年末年始のペットホテル予約が、10月にしてなんと満室。
安心できるところにポンをお願いできないなら出かけるわけにはいかない。
だんなさんにポンをお願いして行くことも考えたけど
大晦日と元旦しか休みのないだんなさんを
ひとり置いていくのはさすがに気が引けるし。。
なんて事情で、泣く泣く(ほんとに泣きたかった・笑)諦めたのでした

今回のがまたハイライトだけでも素晴らしくて
逃したことがほんとに悔やまれました。
今度こそは!!と、また淡い希望を抱いてます・・。

乗馬とアレクサンダー

昨日の発見。

このところ、私の関心は「馬の上でのバランス
それについて考えるために、DVDや本で勉強してるうちに
何故か、書かれてあることの中で
「あれ?これ知ってる・・(感覚的なものも含めて)」と
思うようなものが幾つもあった。
なんだっけ?なんで知ってるんだ?・・と考えるうちに
以前習っていたアレクサンダー・テクニークやボディ・マップと
繋がっていたことに気付いてびっくり。
急いでアレンクサンダーの本を見直すと、やっぱり乗馬関連の記述がある。

そうだ・・乗馬といえばアレクサンダーだ
日本じゃまだ少ないけど、ヨーロッパでは
乗馬とアレクサンダーは普通にワンセットだし。
ちょっとラッキーかも

将来、乗馬をやろうと思ってアレクサンダーを学んだわけじゃないし
レッスンを辞めてから1年以上が経っているので
忘れていることのほうが多いけど、
体がおぼろげに何か覚えていたような感じ。

今の段階で、私が難なくこなせていることや、得意なこと、
先生に褒めてもらえることというのは
アレクサンダーで学んだことの影響が少なからずある。
そしてそういう意識で勉強すると、更に気付き方が変わるみたい。
思いがけず、繋がることもあるものです。


それにしても・・去年からイギリス色が強いなぁ。
乗馬にオーラソーマ、あとアレクサンダーも創始者はオーストラリア人だけど
イギリスを中心に広まったものだし。
実は去年から英語の勉強もし直してたりして。
なんか繋がってるかも。