FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年06月
ARCHIVE ≫ 2009年06月
      

≪ 前月 |  2009年06月  | 翌月 ≫

顔も演技せんと・・?

久々におうまのレッスンの話

突然ですが・・・おうまは春~初夏にかけて発情期なのです
私が最近、乗せてもらうことの多い牝馬は、レッスンが始まると
男の子を狙ってじりじりと後ずさりしていったり、バタバタと落ち着きがなく、
「動くなコラっ」と叱るところから始まります。。。
(気の強さもたまには役に立つみたい?)
これで興奮して跳ねた日にはまた落ちるんでしょうが
それを回避できるようになってきたような気もするかな。


レッスンは一応、秋のコンペに向けて準備中
上達の遅い私でも、根気強く付き合ってくださる先生には
いつもいつも、ほんとに感謝です

しかーし・・・ほんとに秋まで間に合うかは、今もってアヤシい
ただでさえ脳みそフル回転で必死なのに
最近では「顔も演技せんといけんけぇ・・」などとたしなめられ・・
そんなとこまで気がまわりませんて
ニッコリおめめでも描いて乗ろうかしらね。

まぁ、練習あるのみです
スポンサーサイト



泣くな ポんくん

ポンくんのご飯を、pHコントロール用のものに切り替えてそろそろ1ヶ月。
病院へ尿検査へ行って来ました

pHは正常値、他の数値も全く問題なく食事療法大成功
いきたいところだったけど、食べた直後に涙を流したり
顔を痒がるのだけは毎回続いており
それを相談したら、とりあえずご飯を以前のものに戻して
2週間、様子をみるように言われました。
ほんとは今のご飯を食べ続けるのが理想的なんだけど、こればっかりは仕方ない。

ところが、夜から以前のご飯に戻したのにも関わらず
泣くのです・・ポンきち
ホントはおいしくないから泣いてるのか、足りなくて泣いてるのか
まばたきしてないからなのか、噛まずに丸のみしてるからなのか(←これっぽい?)
ママにはちっともわかりません

090624_1633~0002

090624_1653~0001

・・そろそろ暑くなってきたので、シャンプーの時に
お尻まわりの毛をカットしてもらいました
足が、ちょっと“とりもも”っぽい。

初サヨナラ

出ました、今季初のサヨナラHR
めちゃめちゃ感動した~泣きそうになった。すごいぞ石原

交流戦2位だとか5割だとか言ってもそこはカープ。
いつもいつも、何かと危ういわけです(笑)
打席に立つだけで怖いと感じさせる選手がいるわけじゃないし
長打タイプの選手がいるわけでもない。
23点取られることもあったり、内野を5人にしないと
凌げないシーンがあったりもする。
草野球かとか高校野球か、って言われることもある

ただでさえそんな感じなのに打撃不振ときてる今、
あのHRはほんとに大きかったわけです。
ここで書き尽くすことはとてもできないけど、あの1本の本当の重みは
カープを見てきた人にしかわからない。

“あの石原”がヘルメットをポーンと高く放って、飛び跳ねながら
走ったことが、なによりもその重みを表してると思いました。
ほんと、よかった


あ。仙台のみなさま。
昨夜のマーくんはいつものように素晴らしかったです。
なんか去年とは目の鋭さが違っていて、ちょっとびっくりしました。
それから、今季、初めてベニーランドの歌を聴いたよ
なつかしすぎるねぇあれ。
つい、やんやんやや~ん・・って歌っちゃうし


明日はダルかな

あと2戦、がんばりましょう

社会貢献

今日はかなり個人的な話です・・。

この3日間で、仙台にいる何人かの友達から届いたお知らせメール
私の元ダンナさまが受賞した芸術選奨の話です。
(彼は舞台役者さんであります)


ともすれば「個人的な活動・発表」になりがちな芸術の世界にあって
周りの人たち・社会に何らかのメッセージを与えたっていうのは
素晴らしいことだなぁと・・


今の私が時々考えるのは、
「人は仕事や人生を通して、社会貢献をするために生きるんじゃないかな」ってこと。
きれいごとなんかじゃなくてね。
仕事も人生も、実はそのための手段でしかないのかもしれない。
そしてその中でも、芸術こそ、社会貢献の要素を強く持つべきだと。

まぁそんなこと言ったら、“成果発表”にしかなっていなかった
20代の頃の自分の活動が恥ずかしいけどね


人は変わる。大人になる。
だんだん社会と繋がることが尊いと感じるようになるんだと思う。
年月を経て、努力がこういう形で花開くのは、ほんとに素晴らしいことです。


・・と、遠くから思ってみました

私もがんばらないとね

ウマもの

最近、こんなものに癒されてます。

090614_1735~0001

ウマ映画

「ウマ好き」と一口にいっても競馬好き・乗馬好きはもちろん、
ウマそのものが大好きという人とか・・いろいろいて。
このDVDは、「とにかくウマ好き」というクラブの知人に借りてるもの。
先月から合わせると10本近くになる。

ウマものは、それまでほとんど観たことなかったけど
これがけっこう侮れないのよね~。
ウマそのものが癒しになるだけじゃなくて、妙にヒューマン系で
動物ものにありがちな安易な感じじゃないし。

ほとんどが、苦境を乗り越えて主人公とウマが奇跡を起こすみたいな
夢のあるストーリーが多いんだけど(しかも主人公はたいてい子供か女性)
これが実話に基づいてるものが多いっていうのが驚き。

私のお気に入りはこれ

090618_1603~0001

コンパクトだけど映画としてよく出来てると思う。
しかも涙あり笑いありで、とっても平和です

チワワか・・・

広島は今日、梅雨に入りました
じめじめはイヤだけど、目はラクなんだよね、この時期は。

さて、ポンタちゃんのトイレ問題ですが・・
週末から何事もなかったかのように、正常に戻りました。
ご心配をおかけしましたが、毎日、家の中を全力疾走して遊ぶほど元気(←4本足でね)
毎日のお掃除がこんなに嬉しいと思えるとはね(笑)

一体、なんだったんだろう・・ご飯を替えた影響だったのかな。

ただ、ご飯を食べた後に涙がぶわ~っと浮かぶのだけは、依然そのまま。
食べたあとに顔をじーっと見ると、いつも目がウルウルしてチワワ顔負け
涙やけが起きないといいんだけどね。

090605_2303~0003

石が消えた!

尿石症の対策を考えてた矢先。

火曜の夜から、突然ポンのトイレの回数が減ってしまいました
毎日、掃除に追われてたのに、家の中ではほとんどしなくなって
尿意を起こさせようと思って、たくさん運動や散歩をさせてもあまり効果ナシ。
昨日も一日そんな感じで・・。

まさか療法食が効く前に結石が出来た・・

いずれにしても圧迫してもらわないとダメだなってくらい出てない感じがしたので
また病院へ行って来ました。

ところが、思ったよりも全然溜まってないし
むしろ療法食の効果で石が消えて、pHの値もすっかり正常に戻ってた
(犬の尿はアルカリ性に傾いてしまうと今回のようなストルバイト尿石ができる。
 療法食でpHコントロールして酸性に戻せば石が溶ける)

療法食も数週間は食べ続けないと最終結論は出せないんだけど
それでも石が消えたことはよかった


でも・・なんでトイレの回数がこんなに減ったんだろうなぁ。
今日のところはわからないままでした。
ポンちゃんの場合、尿の出方はヘルニアの具合も関わってるから
判断は難しいねぇ・・と先生。
でも全体の体調としてはむしろいい方向に行ってるって言ってました。


今日はついでに療法食のことでも相談。
サンプルを食べた時はなんでもなかったんだけど
日曜の夜からいざ切り替えたら、食べた直後に目にいっぱい涙をためて
少し耳のあたりを痒がることが続きました。
今朝はその症状はなかったんだけど。

まぁ食べて4日じゃ結論は出せないので、これも様子見。
効果も出てることだしね。

尿石症の対策

この数日、ポンの尿石症の予防や対策を考えてました
療法食という対策はあるとしても防げる部分は防がないとなぁと。

簡単に言えば、溜めなければいいわけだ。
当たり前じゃんって思われそうだけど、それが難しいのが今のポン
でも、結局は溜めずに出すことが予防であり、対策にもなるんだと思う。

そうなると、外で歩く回数を増やすのがベターかなと
家に居て寝てばっかりだと回数は減るし、
なるべく遊ばせるようにして体を動かしても限界はあるし。
その点、散歩で歩いてるときだと、短い時間でも回数多くはしてくれるので、
今までよりは溜まらなくなるんじゃないかなぁ・・。
それに、自分で出せるならそれがポンには一番優しいだろうし。
(圧迫排尿はポンにとってはイヤなものだからね。。)

あとは、いかに水をたくさん飲ませるか。
いま食べてるような石を溶解する目的で作られてるご飯は
ノドが渇くように塩分を多くしてあるらしいけど
それはつまり長期間、処方するものじゃないってことだよね。

長い目でみると、普段から尿を薄めてたほうがいいわけだし・・
ご飯で水分を摂らせるか、いっぱい飲みたくなるようなおいしい水を探すか。
考えていかないとね。