FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
      

≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

わんわんスリング

090829_1618~0001
おひるねちゅう


今年はおむつスタイルばかりで、オシャレをしていなかったポンくん。
かわいいエチケットパンツを買ってあげようと
今日はあれこれワンショップ検索してました。

やっぱ、パッドを使ってかわいい服を着てるほうがいいもんね
幸い、エチケット・サニタリー系の服を充実させてる店を見つけたので
とりあえずパッドも一緒に2着購入。


実はスリングにもかなり心が動いたんだよねぇ・・。
かわいいのいっぱいあって
でもポンは抱き方にも制限があるから、スリングに入れて
体を丸めちゃだめだし、絶対に肩にのぼりたがるからやっぱダメ
(肩にのぼらせたり、片腕で縦抱きしたこともヘルニアの大きい原因でした)

それに、そもそもスリングをしてる自分の姿が全く想像できない、
というか、ありえない。。

でもかわいかったな、スリング


スポンサーサイト

クリニック

神戸から来ている先生のクリニックを受けました

蹄跡を1~2周させられてるうちに、
変なクセや体の弱い部分をあっという間に見抜かれるし。
恐るべしです、先生
そのクセを直すための練習方法や意識の仕方を、丁寧に教わりました。

よい指導者のレッスンを受けている時というのは
言葉に素直に従っているだけで、自分の体がどんどん変化して
ものすごい好循環が起きることがあります。
これは音楽をやってきて何度も体験してきたことだけど・・
今日は馬で初めて、その循環を感じました

自分の体でうまく連鎖が起き始めると馬も徐々に
いい動きをしてくるようになって、いい循環が出来上がる。
ただ、それはほんの短い間だけなんだけどね・・
しかも自分だけじゃ絶対できない

でも、その感覚を得られたことは次に必ず繋がっていくからね。
思い切って受けてみてよかったです
おうま | Comments (-) | Trackbacks (0)

意識・無意識・・・

今週は珍しく馬週間
週に2~3日も乗るなんてあんまりないからね。
体を絞っておきたかったのでちょうどいいけど。


最近、よく感じるのです。
明確な目的意識を持って「よし、マスターしよう!」と
思わないと何事も習得できないんだな、と。
経験を積むうちにいつの間にか身に付くこともあるけれど、
どこかではっきりと意識しないと、いつまでも身に付かないこともあります。
惰性からは何も生まれません。。

今日はそんな意識で、絶対に苦手部分をクリアしてやる!と
思ってレッスンに臨んだんだけど・・・
まったく、そう思ったら思ったで落とし穴がある

クリアしてやろう!と意識したが故の“力み”に悩まされました。
うまくいかんねぇ

皮肉なことに、レッスン後にウォームダウンを始めて無意識になった瞬間に、
それまで出来なかったことが突然出来たりするし。。
おもしろいもんです。


私にとって「脱力」は人生を通して考えていくことでもあるので
乗馬はいいヒントになってるのかもしれません。


明日は外部から来ている先生のクリニックを受けてきまーす。
おうま | Comments (-) | Trackbacks (0)

ポンくん、いいにおい☆

ポンくん、念入りにシャンプーしてもらいました。
耳の毛がすごい、さらっさらです

090825_1402~0001


3月に閉店したペットショップ(前に行ってたところ)のあとに
最近、新しいショップがオープンしました
オーナーさんは全く別人(パピヨン専門のブリーダーさん)だけど
前に居たスタッフさんが1人だけ残っていて、
ポンの体のことをよく気にかけてくれるので
今後はもう、ここで全て済みそう。ひと安心です

今日は皮膚の痒みを軽減するのにラベンダーのアロマバスに
入れてもらったり、おしりやおなかの毛をきれいに剃ってもらったりと
ポンくんはとってもピカピカになって帰ってきました
離れていてもいい匂いがしてきます
イヌだからってイヌ臭いままはダメね、やっぱり(笑)

オムツは嫌いらしい・・

090819_2158~0002

忠犬ポンくん
毎晩、ご主人サマの帰りをこうして待っています。
なんで帰ってくるのがわかるんだろうね
冴えてる時なんて、5~10分くらい前にスタンバイするからすごい。
私なんて予感もしないし気配も感じないよ(笑)


こうして、「帰ってきたよ~わんわんっ!」と嬉しさ爆発の時は
オムツを着けます。あとのお掃除が大変だからね。
夕食の支度をするタイミングと重なると面倒だし。

ほんとはオムツなんて窮屈だし、後ろ足も動かしづらそうで
かわいそうだから着けたくないんだけど、
この生活はずっとずっと続いていくんだし
日常のことだけに、こちらが疲弊するのも良くないもんね。
たまのことだからポンくんにも我慢してもらおう。
(でも最近、オムツを見るとあっち向いて無視する・・

ポンくんの夏

090719_1419~0001

暑くてフローリングへ避難中のポンくん。

今年は夏バテの兆しは見られないものの、
集中力がないのか歳をとったのか、やる気がないのか・・
遊んであげてもすぐに転がって寝てしまう
なんか疲れやすいみたいです。
そのくせ、ベランダに来るセミを狙うことにはぬかりがない(笑)

体の方は、掻いたり泣いたりする以外は落ち着いてます。
もうちょっとしたらまた検査に行かなくちゃね

     ☆  ☆  ☆

広島は今週に入ってから、少し秋の気配がしてます。
日差しは強いし汗はかくしセミもうるさいんだけど
風が乾いていて、なんか空の感じが違うような気がする。
秋が待ち遠しいです

灰谷さんの遺作

一昨年に亡くなった灰谷健次郎さんの最後の単行本を
この前、初めて読みました。
旅行中に立ち寄った本屋さんで偶然見つけたんだけど
もう新刊が出ることはないんだろうと思ってたので嬉しかった。
未完のままの遺作 『天の瞳』 の最終話も入ってます。

『天の瞳』はかなりの長編で、もっともっと続きそうなのに
今回は96ページ目、文の途中でぷっつりと切れてる。
どれほど伝え遺したい想いがあったのか・・
次から次へと、書き切れない想いが本から溢れ出ているようでした。


灰谷さんは、人が生きていく上で絶対に失くしてはならない
“心の在りよう”について、ずーっと追究し、社会に向けて
そのことを問いかけてきた人です。
大切なものを失くさないために、抵抗の精神を持ちましょう、と。
その精神が人間の美しさに繋がるんだと。
(『抵抗の精神』というのは、灰谷さんの
ほとんどの作品を通して貫かれている、深いテーマです)

それから灰谷さんは、「学ぶことは変わること」
という言葉も繰り返し言いました。
何かを学んだつもりでも、そのことによって自分が変わらなければ、
本当に学んだことにはなりません。厳しい言葉です。


しばらくは、灰谷さんの昔の作品を読んで過ごす日が続きそうです

フェスティバル・・・

090802_1035~0001

たまにはおうまちゃんの写真でも・・・


2週間ほど前、師匠(?)に
「今のペースで秋のコンペ、間に合う?」と改めて聞いてみると
意外や意外、「へ?!全然大丈夫。もうひとつ上の課目も出たら?」
って言われました。なーんだ、そうなんだ


9月にあるのがクラブ内のコンペで、10月には全事業所が集まる
一番大きいフェスティバルがあります
私の目標はあくまでもクラブ内のコンペだったけど(つつましくね・・笑)
師匠は、それに出るならフェスティバルにも続けて出ろと。
まぁ演技をこなすことはギリギリ出来るんだろうけど
フェスティバルは団体戦なんだよね。それが気がかり・・・。
まぁコンペに出てからまた考えればいいか。

とは言いながら相変わらず課題は山積
練習あるのみ。
おうま | Comments (-) | Trackbacks (0)