FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
      

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

ポンくんメモ

ポンくんメモ

いま、難しいところ。

勢いじゃなくて、足の力だけでじわ~っと立つんだけど
足先(足裏)の感覚がないせいか、足先が甲の方に
くるっとひっくり返ってしまって、また座り込んでしまうという感じ。
腿のあたりにはずいぶん力が入るんだけど。

ヘルニアのような神経の病気は、足先の深部痛覚があるかないかが
診断の基準であり、回復の目安にもなるんだけど、
今回は足先の痛覚がなかなか戻らないのに、なぜか足全体が動き始めた。
でもやっぱりポイントは足先なんだよなぁ・・・。
指の間をぐ~っと、ゆっくりつねっていくと分かるみたいだから
時間はかかっても、ちゃんと足裏で立てるようになる気はするんだけどね。


もうひとつの難しいところ。
圧迫排尿のことなんだけど、神経がやられてるせいで
膀胱と尿道がうまく連鎖してないらしく
圧迫していっても尿道が閉じてしまうということが起きてる。
本来ならば尿意を感じると尿道が開くようになるはずなんだけどね。

だから今は、いきなり圧迫はせずに
とりあえず膀胱をマッサージしてリラックスさせて
尿道が閉じないようにすることを大事にやってます。
ポンも、イヤだから力んで尿道を閉じてしまうことがあるみたいで。

でも逆に言えば、そこに神経が確実に残ってるということ。
必ず、回復に繋がるはずです。
スポンサーサイト



エコバッグ

遅ればせながら・・・今日、やっとエコバッグを買いました。
(今ごろかよ、というツッコミはなしで・・

広島も明日からレジ袋が一斉有料化になります。
私の利用してる店の中にも、この1年くらい
試験的にレジ袋を有料化してた所はあったんだけど
巷に出回ってるエコバッグって、なんか持つ気になれなくて
買うのを先延ばしにしてしまってた。。
だって全然かわいくないんだもん

そもそもエコバッグなんてカテゴリーで探したって
気に入るものが見つかるわけないんだよね。
でも、ほぼ毎日使うものだから気に入ったものが欲しい。

考えた挙句、ただの雑貨やさんじゃなく、
バリものを扱ってるお店に行ってみました。
そしたらあったあった、かわいいバッグ
やっとエコバッグデビューできます

ハイハイぽんくん

おひさしぶりです

ポンくんは足としっぽがだいぶ動くようになってきました。
今はハイハイしてる赤ちゃんっぽいかな。
膝の関節をよく動かして這ってる感じ。
立ち膝になったり、オモチャを追いかけて夢中になってる時は
勢いで立つこともあります。

いまのところ、軸は右足。左はまだまだ弱いけど
きっと動くようになると、なんとなく思ってます。

毎日の朝晩の通院もやっと終わり、
今週からは私が毎朝、圧迫排尿をしてます。
(うまくなったよ~
ポンが自分で出せる時もあるので、そうさせることがまず優先。
出し切れない分を後で絞る、という方法をとってます。

ゆっくりだけど、毎日、確実に変化が見られるので
けっこう楽しいかな。
早く外でお散歩ができるようになりますように

抜糸

今日はポンくん、抜糸をしました
剃った背中も、うっすらと毛が生えてきてます。
触り心地がちょっとポヤポヤして気持ちいい。

しばらくの間は屈伸やマッサージのリハビリが続きます

望み

ポンの治療に関しては、2人の先生にお世話になっています。

かかりつけのA先生と、手術~リハビリを診てもらってるB先生。

今はずっとB先生のところに通ってるんだけど
昨日は休診日だったので、久々にA先生のところへ・・・。

そしたらA先生が
「B先生からは、今回はたぶんダメだろうとは聞いてるけど
圧迫排尿の際、神経の一部が生きていることを思わせる反応があるから
僕だったら諦めないよ」と。

なんか・・救われた一言でした

もちろん、私もだんなさんも全然諦めてなんかいません。
むしろ動くでしょうって思ってるくらい。
神経が間違いなく生きてるぞ!と思わせる反応は未だないけど、
マッサージをしていて、時々、ピクピクっと反射じゃない反応があるからね。

現状は受け入れつつ、それでも望みは捨てずにチャレンジです



この連休に入る前に、なんとか圧迫排尿をマスターしないとって
ちょっと焦ってたんだけど・・・昨日、A先生に言われました。
「僕らは何年も経験を重ねて出来るようになってる。
3~4日で出来るわけがないんだから焦らず気長に行こうよ。
特にこの子は難しいんだから」・・って。

実際、私がマスター出来ない場合は、連休中はB先生のところに
また入院という予定だったけど、幸い、A先生が
連休中は診療は休みだけど当番の看護士がいるから
連れてきなさいって言ってくれたので、なんとか凌げそうです



生き物を相手に仕事をしてる人の強さってすごい。
驕りのない、余裕や思いやりを持ってます。
先生も看護士さんたちも、忍耐強くてすごくタフ。
いつも変わらない態度で接してくれます。そこには少しの驕りも感じられない。
尊敬します。そして、心から感謝です

090917_2235~0001

ゴホウビ♪

当面は、これをゴホウビと思ってがんばる。

チャラ男じゃなくて、こんな刑事が観たかった

 http://yaiba.goo.ne.jp/index.html

ついでにドラマも始まるぞ。

帰ってきました☆

お陰さまで14日の夜にポンが帰ってきました

その日はちょっと落ち着かなそうな感じだったけど、
今日はもう、こんなです

090916_2206~0001


回復したとか変化があったわけじゃないんだけど
朝晩、圧迫の練習に通うだけなら、ポンと一緒に
毎日、通院してもいいんじゃ?って話になって。
家でなんのストレスもなく過ごせるならポンにはそれが一番いいしね

狭いケージに入れられてたせいか、
鼻の頭がピンクに剥けててかわいそうだったし・・・


そんなわけで昨日からポンと一緒に通院してます。

圧迫の練習は今日で4日目。
水風船(笑)は、完璧につかみきれるようになったわけじゃないけど
毎日少しずつは出来るようになってきてるみたい

参考になるからと他のワンちゃんのを触らせてもらったら、
あれ?うまいじゃん!ってくらい楽勝で・・
なのにポンのになるとめちゃめちゃ手こずる
先生も言ってたけど、ポンのはちょっと難しいみたいです。
そういっても出来るようにならなきゃないからねぇ。。
つかんだ風船が逃げないような手の強さや角度とか
微妙な加減を毎日、あれこれ試してます

誰似?!

今日、面会に行ったら看護士さんがボソっと・・
「ポンちゃんはクールですね

え。誰がクール

聞くと、
「入院してる他のワンちゃんたちはものすごく吠えるし、
感情を見せたりもするんだけど、ポンちゃんはその子たちを
遠くから眺めてる感じで静かなんです」と。

わかる気がするねぇ。我関せずで距離おいてるんだよ、きっと。
そんなとこまで飼い主に似なくていいのにね(笑)


さて。今日から始まった(飼い主のための)圧迫排尿の練習。

めちゃめちゃ難しい
おなかの中でぷよぷよと動く、水風船のようなものを
掴まえなくちゃいけない・・というか、そもそもそれが
どれなのかわからず、つかむことも出来ないし。

夜に2度目の練習に行った時は、さぐれるようにはなったけど
水風船は手からすぐに逃げていき、とても絞れるところまではいかず。

でも、必ずみなさん出来るようになりますから大丈夫ですよ!
朝よりは出来てます!・・と看護士さん

実験台にされてるポンはというと、痛がったり鳴いたりはしないけど
時々、ひ~ん、と言ったりぷるぷる震えたり
あとイヤになって看護士さんに2度「ガルル~」と言いました(笑)

練習の日々は続く・・・。

退院の決め手は・・

ポンくんに会ってきました
おとといよりも更に目つきや顔つきははっきりしていて
元気そうだったかな。

抱っこしてほしそうだったので、
床に座ってひざに乗せてあげました。
すぐさま、まったりし始めるところがカワイイやつだ(笑)

状態は変わらずです。
しっぽもだら~ん足もだら~ん
感覚もまだほとんどなさそう。

今は朝晩と圧迫排尿をしてもらわないといけない状態ですが
「明日は圧迫排尿の練習をしてもらいます」と、看護士さん。
難しいんだよね、犬の膀胱の場所って(変な話でゴメンなさい)。
前回、ちょっと触らせてもらったけど全然わかんなかったし
けれど、こちらが方法を覚えれば、今後何かとラクになるので
なんとか出来るようにならなくちゃね。

しかも今回は、私が出来るようになったら退院なんだって

足の感覚の変化が出るとしてもどのみち時間はかかるし
自力排尿も足の回復具合にかかってるからしばらくは困難だろうし、
それならば退院させた方がいいって判断かな。
その方がポンの心理的負担も減るし、いいと思う。


ポンの入院中は、生活環境を更に整えるために
リビングの改善をしたり、新しいケージを買ってみたり
それと、ケアの面では鍼治療やレメディを試そうかと思ってます。
特にレメディは精神面はもちろん、身体症状にも細かく
対応していて副作用も一切ないものないので
術後のちょっとした助けとして試す価値はありそうです

今日のポン

090909_1134~0001

今日のポンくんです

この写真だと見えないけど、背中は長方形に剃られて6針縫ってます。
右の後ろ足がちょっと見えると思うんだけど、
こんな感じで両足ともペタっと引きずって歩きます。

私たちに気付くと、前足でひょこひょこと早歩きで寄ってきました

しっぽや足は動かないけど、気分は良さそう。
痛みが消えて眠れたんだろうね。
手術の前の晩から朝にかけては、痛みのせいで
震えたり鳴いたりしてたので、それを思うと、
痛みがないだけでもほんとよかった

でも淋しいのか、抱っこしてほしかったのか
珍しくクンクン鳴いてました。
がんばるんだ、ポンくん

再発

昨日の夕方、ポンのヘルニアが再発してしまいました。
すぐに診てもらって、今日のお昼に手術。

結論から言うと、正直、良くない感じです。
今回は発見・対応が早かったこともあって
症状の出方や術前の診断結果は前回よりグレードが低く
私達も冷静に受け止めてたんだけど、実際はとても深刻でした。


術後に受けた説明によると
なんと椎間板が飛び出ていたのは前回と同じ場所。
(あまりそういうことはないらしい)
「ココの椎間板は前に取ったんじゃ?」と聞くと・・

前回、飛び出て摘出した椎間板はほんの少し。
その少しの物が原因で起きた出血が、様々な症状を引き起こしてた。
今回は「前回飛び出ずに残っていた椎間板」が出てきてしまったと。
しかも、その一部は中で“脊髄”に刺さっていたというのです。

先生も初めてのことらしく驚いてたけど
私たちも言葉が出なかった。

一応、刺さっていたものは全て取ったけれども、
取るために脊髄を触っているので、その影響がどう出るか・・
術後の回復は前より悪いかもしれません、と。

前より悪い、か。
時間が経つにつれて、現実が重くのしかかってきます。


後遺症を見極めるには前回同様、時間がかかるから
徐々に光が見えてくるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
毎日、祈りながら見守っていくしかない。



術後に会ったポンは、麻酔がまだ完全には覚めてないようで
ちょっとぼーっとしてて、私たちの顔を見ても
喜ぶ素振りは見られませんでした。

明日はわかってくれるかな。

スンドゥブ

なぜかこのところ、韓国料理がマイブーム
といってもお気に入りの店で食べてるだけで
自分で作るわけじゃないんだけどね。
(しかもキムチが大嫌いなので、その手の味のものを外す・・)

今日はスンドゥブ専門店へ行ってみました。

090906_1919~0001

スンドゥブ=豆腐チゲ。
私はエビ・イカ・ホタテ入りの海鮮スンドゥブをいただきました。
ご飯も頼んだんだけど、先に食べてたチヂミやサラダのボリュームが
あまりにすごくて、後のご飯はとても食べ切れなかった。


スンドゥブ・・初めて食べたけど
そこまで「うま~!」ってものでもなかったかも。
次はまたいつものお店に戻そう。。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

久しぶりの中央公園

今日は珍しくおうまをお休みしてポンとおでかけ
広島市街にある中央公園へ。
慎重にリハビリさせてるとは言っても、たまには気分を変えないとね

090906_1310~0001

日中のわりにはけっこう喜んで歩いてたかな。
(いつもは夜しかしっぽを振らない
今日は足取りが軽やかでした。


疲れたのでひと休み
ポンはお水、人間はノンアルコールビール(笑)でしばし涼みました。

090906_1327~0002

帰りは即効おひるね。

090906_1359~0002



おまけ
空を見上げたらパラグライダーが。

090906_1340~0001

見てると気持ちよさそうなのに、飛ぶのはめちゃくちゃ怖いんだよねぇ・・

続・フェスティバル

いよいよ秋のコンペとフェスティバルの詳細が出たんだけど・・
なーんと・・私が出ようと思ってた課目は今回はないという

萎えた。。なんでそうなるかなぁ
ひとつ上の課目はあるらしいんだけどね。

それに挑戦するだけしてみたら?と師匠は言います。
わかってるんだよねぇ。
ダメもとでもいいから「やってみよう!」と決心しさえすればいいと。
そしたらあとは練習するだけだもんね。
でも、なぜなのか・・・踏ん切りがつきません。
少し時間があるし、ゆっくり考えてみるといいよ、とは
言われたんだけど。んーーー。珍しく優柔不断だわ

考えてるヒマがあったら乗れよな~と、もうひとりの自分が言ってます
おうま | Comments (-) | Trackbacks (0)

脱皮

メインサイトの「ぽんさんぽ」がなんと8年目に突入しました
といっても今ではポンの健康管理のページとブログの更新しかしてないけど

あ~なんか嘘みたい。ポンも来月、8歳です
ってことは私の広島生活も9年目に入るってこと・・。

090716_1639~0003


引っ越したのは2001年の9月でした。
あの頃・・少しずつ荷物の整理を始めて、部屋もガランとしてきて、
2つの仕事も引継ぎやお客様への対応で毎日バタバタで
プライベートでもいろいろと気持ちの整理をしてたりして。
10年後、どうなってるかなんて想像もしなかった。

昨夜ふと、もう10年近くも経つのか~・・と思ったら
なんとなく複雑な気持ちになってしまいました
過ぎてきてしまったことだし、この年月の意味なんて考えちゃいけないよね。
そもそも自分が紡いできた結果でしかないんだし。

ただ・・元気にやろう、楽しもう!って思ってたはずなのに
なぜだか歯をくいしばってた記憶しかなくて・・・。
こんなはずじゃなかったのになぁ。自分でもちょっと戸惑いました。


まぁそう言ったってこれからも生活は、人生は、続いていく。

私の親友がよく言います。
「それでも必ず夜は明けて朝が来るから」と。
その言葉に何度も励まされてきました。
でも、そろそろ自分も脱皮しなくちゃいけない時が来てるような気がします

つなぎ?

ポンの服が届きました
さっそく試着。

090901_1824~0001

ちょっと“つなぎ”っぽいけど
首周りも腰もマジックテープになってるので
着脱がラクちん。ポンの足にも負担がかかりません。
サイズもばっちり

090901_1829~0001


一緒に注文したマナーパッドもそんなにずれることはないみたい。
ただ吸収力が気持ち弱いというか・・足りないかも。
サイズを大きくすれば吸収量はアップするけど
体の大きいワンちゃん用になっちゃうしね。
おでかけ専用にして、パッドはこまめに変えるしかないかな。
普段使いにはやっぱ紙おむつがいいね。

紙おむつといえば、ポンがいつも使ってたおむつがなんと廃盤に・・・。
あれこれ試してやっと体に合うのを見つけたのに
とりあえず今回は問屋さんに残ってた在庫をいくつか取り寄せて
もらったけど、今後はまた違うものを探さないとなぁ