FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年11月
ARCHIVE ≫ 2009年11月
      

≪ 前月 |  2009年11月  | 翌月 ≫

おさんぽちゅう

091129_1411~020001

お散歩中
立ち上がっている時間が長くなってきたので
もう後ろ半身をタオルで吊らなくてもいいみたい

この写真・・こうして立ってるのみると
両足が麻痺してるなんて信じられないよね
(痛覚がなくて立ち上がることなんて普通はないらしいです。。)
左後足の神経はほとんどないけど、右後足の方は少し生きてるので
両前足に体重をかけて、右後足でバランスとって立ってます。

091129_1411~010001

数歩、歩くと左足がこんなふうにクニョっとなっていく。

それでも一応、鍼の効果が出てきてるのか、
左足も少しずーつだけど神経が戻ってきてはいるみたい。
ゆっくりゆっくりだね

膀胱を収縮させる薬は、土曜にblogをアップした後、
やっぱりよだれがダラダラと出てきたので、
投薬量を更に細かく調整していくことになりました。
それでもよだれは軽く出てるんだけど・・
ある程度は慣れさせることが必要みたいだから、少しのあいだ辛抱です。
スポンサーサイト



生のリアルさ

遅ればせながら『スラムドッグ・ミリオネア』を観ました
昨年、ハリウッドものを寄せ付けずアカデミー賞を総なめにしたという
あのインド映画。観るとそれも頷けます。

「生のリアルさ」がガンガン迫ってくる感じ。
あ、「生」というのは「生死」の「生」ね。
でも、そんなことがテーマだとは頭では理解できても
生まれた時からぬる~い社会にいる私達には到底、
生のリアルさなんてわかりっこない。
わかったつもりにはなれるだろうけどね。

これはこの前まで読んでいた星野道夫さんの「旅をする木」を
読んで感じたことでもあります。
毎日、自然の脅威の中で生きるか死ぬか、食うか食われるか、
そんなギリギリのところに身を置く人にしかわからない生のリアルさ。

それから詩人の谷川俊太郎さんとターミナル専門の医師、徳永進さんの
往復書簡を綴った「詩と死をむすぶもの」(朝日新書)も
とことん、同じようにリアルでした。
毎日のように誰かの死と向き合う人が捉える「生」。
そしてギリギリの世界に必ずあるユーモア。

リアルなものはリアルな世界でしか得られない。
そんな状況に身を置かない私達は、どんなに本を読んだって勉強したって
やっぱりわかったつもりにしかなれない。
自分の命は確かにここにあるのにね。

さいきん

まずポンくん。
この1週間はお薬を、本来の量の 1/2→3/4へと調整しながら
様子をみてました。この間、よだれなどの副作用はなし。
今日から遂に、本来の量にチャレンジしてます。
体調の変化をよく見ないといけないので、
今日は私はひたすらインドア、blogまとめて更新中です。

CA3G00040001.jpg
           ブタ鼻ポンくん


最近、3年ぶりに機種変しました
前から欲しかったEXILIMケータイ。
写真撮るのも楽しいし、デコメがやっと作れるようになった。
3年前のじゃ面倒で作りづらかったけどこれならサクサク


あと最近のネタといえば・・映画「なくもんか」観ました。
阿部サダヲ、ちょっと好きです。って、みんな好きか(笑)
くどかんサンの本だし、前評判も高かったからけっこう楽しみで。
ちょっと詰め込みすぎな感はあったけど、
笑いアリ、涙アリでおもしろかったよ
何も考えずに劇場へ笑いにいくのもいいもんです。

ウェットタイプの玄米

先週から今週にかけて、とある理由で
「1週間の食生活を詳細に書きとめる」なんてことをやりました。
生まれて初めてかも。

健康食を自負してた我が家も、いざ書きとめてみると
けっこう「つもり」の部分もあるもんだなぁなんて。
季節によってとれる食材に偏りがあることや
外と内のバランスがとれてないこととか・・
書き出して目で見ると、いろいろ気付きがあるもんです。
普通に食生活日記でもつけてみようかなぁって思ったり(思っただけ・笑)


ところで先日、ウェットタイプの発芽玄米なるものを頂きました。
ウェットタイプって何気に初めて。
1合ずつ真空パックになってて、水洗いするだけですぐ炊ける。
これが悔しいかな・・ふっくらしておいしくてね。

091128_1921~010001


なにが悔しいって
いつもは自然食品のお店に勤めてる弟から送ってもらう玄米を食べてます。
土鍋で炊くので、一定にできる条件には限界があるけど
吸水の時間、火加減、水の量etc..
それなりに試行錯誤を繰り返してきてるわけで。
それはそれで楽しいんだけど、満足する炊き上がりになったことは
実際は少ないのです

ウェットタイプを食べて思ったのは、やっぱ吸水率なのかと。
ということで、試行錯誤は続く・・(何年やってるんだ)
それなりにおいしく食べたいもんね。

ウチの湯たんぽ

ちょっと早いかしらね~冬仕様テンプレ
かわいいゆきだるまちゃんが気に入ってます

今週は一段と冷え込んで、空気が冷たくなりました。
うちには湯たんぽ代わりになる毛むくじゃらの人もいますが
(茶色いあのヒトね)
さすがに足りず、灯油を買ってきました。


その茶色いあのヒトですが。

091114_1508~0001

気のせいなのか薬の影響なのか
ここ数日はものすごく眠りが深いみたい
目が覚めても、すんごいボーっとした顔してるし。
こんなちっちゃい体で3種類も薬を飲んだら
そりゃぁ何かしら変化はあるよね・・・

薬は・・半量にしたら、また出なくなっちゃいました。
圧迫したときに出やすくなった感じはするんだけど
(膀胱を収縮させる薬と、尿道を開く薬なので)
やっぱ自分でする姿が見たいよね。。
でも薬を戻せばまた副作用が出るんだろうし。
次はどう指示が出るかなぁ。

明日もがんばって早起きして鍼、行ってきます

ポンくんメモ

今シーズン、私が唯一観てるドラマはもちろん、不毛地帯
やっと竹野内の出番が増えてきました


ということで・・今日もポンくんメモ。

昨夜から、膀胱と尿道それぞれの神経に働きかける
薬を飲み始めました抗生剤に加えて。

今日の夕方になって効果が出始めたんだけど
同時に、よだれと涙の量が多くなったので病院に確認すると、
副作用の症状なので片方の薬を半量にするようにとのこと。

よだれを流すのなんてみたことないから、
一瞬、吐いた後なのかと思った。


それ以外はとても元気です

『ローマの休日』

BSで『ローマの休日』やってましたね。
途中から観ました。

ヘプバーン、やっぱりキレイ(うっとり)。
それにグレゴリー・ペックのカッコいいこと。
いつものことながら、ついつい観入ってしまいました。


ヘプバーン作品、私は『おしゃれ泥棒』が一番のお気に入り。
ウィットに富んでるしピーター・オトゥールも素敵だし。
クラシック作品って凝ったことは何もないんだけど、だからこそ、
大切な何かがたくさん散りばめられてる。


ローマの休日もそう。

変えられない事実や、手に入れられないもの・・
それらを受け入れる潔さと強さ、諦める勇気。
それがヘプバーンの美しさやグレゴリー・ペックのカッコよさを
より一層、引き立たせる。
なんか、たまんないよね・・。

自分の抑えられない心も受け入れる、
でも、動かせない現実も受け入れる。
これって、強くないと出来ない。
だって、見ないフリとは違うんだもん。


高校の授業で初めてこの映画を観た時は
長かった髪をバッサリと切ったあの瞬間のアンの顔が
たまらなく美しいと感激してたけど(今もそれは変わらないけど)
今は、それよりも最後の記者会見の時の潔い笑顔の方が
何倍も美しいと感じます
movie | Comments (-) | Trackbacks (0)

困ったお嬢サマ

ポンくんメモ

この前の日曜日、鍼の先生のところで尿検査をしてもらったら
また細菌が見つかってしまって、今週はずっとお薬を飲んでました
絞りきれないと、どうしても細菌感染のリスクが高くなるので・・
といって私のウデじゃまだまだ限界があるので
定期的に病院で絞りきってもらって、尿検査もして・・
ということを今は繰り返すしかないのです。
(ちなみにpHは生食に切り替えた後も正常値を保ってます

実はポンは、圧迫排尿の時、自分で力を入れて尿道を閉じてしまいます
どの先生や看護士さんたちも言うように、ただでさえ
ポンのは絞るのが難しいのに、その上抵抗されるとねぇ。。
最近はリラックスしてる寝起きを狙ってます。


091114_1141~0001
   写真はキライよ、プイっ!

おもちゃで釣って撮ろうとしたけどダメだった。
圧迫する時も、声をかけるとこんなふうにプイっとする。
これ、ほんとにイヤであっち向いて反抗してるんだよ
困ったお嬢サマでございます

続・ドライアイ

こんにちは
最近は、おめめいたわり中です。。

おとといやっと眼科行きました
左目の痛みは炎症のせいだったようで、目薬で治療中。
だいぶ和らいできました。

心配していた白内障は、ドライアイの傷で感染症(結膜炎とか)に
罹らなければ、まずならないから大丈夫とのこと。
私が人より眩しさを感じるのはやっぱりドライアイのせいみたい。
目そのものにはまったく傷はないけど
乾燥対策は今までどおり念入りにやっていきましょうって言われた。

ドライアイは一度なってしまうと治らないので
うまく付き合っていくしかないのよね。。

みんなもおめめを大事にしましょう

冷えは禁物!

ポンくんメモ

091106_1757~0001

091105_1530~0001


7歳過ぎたら体を冷やしてはいけません・・という
鍼の先生のアドバイスに従って、ポンくんは家でパジャマを
着るようになりました(基本、家ではハダカ主義だった・笑)
下の写真のネックウォーマーは、実は以前作った“腹巻”

ハタから見たらめちゃくちゃ過保護だな~。ははは。

ポンは、陰陽でいうと“陰”体質らしいので(寒がり・内気・臆病)
冷えは特に気を付けないといけないんだって。
体を温めるのと、膀胱内の殺菌をするために
最近では、ご飯に生姜を入れてます。
(あと、体を冷やすきゅうりを食べるのもやめました)

なんか、ヒトと一緒だな。

ドライアイ

実は私は重度のドライアイ&眼精疲労

レンズの装用時間やPCを見る時間を短くしたり
“まばたき”をきちんとするとか、目薬や温め等々・・
普段からかなり気を遣ってるにも関わらず、常に辛い。
外では、自分が歩くことで生じる風(わかる?)にも耐えられないのが普通。
運転中は異常に眩しさも感じる。
とにかく目を開けてるのが辛いと、いつもいつも思ってるのです。。

それがここ数日、一段と酷くなってて
テレビやPC、携帯の画面を見るのに目を開けてられないほど
その影響で頭痛もずーっとあるし。
たぶん、左眼に傷が付いてそうな違和感もあったり。。
(更新してる場合か・・・というか、少し休みます)

ドライアイってすごく怖いんだよね
極端に涙が減ってることで傷が付きやすいし
その傷が原因で、感染症から白内障になるリスクも高くなる・・・
(眩しいのって危ないよねぇ。。)
週明け、病院行ってきます。

ポンくん、毛がチリチリ の巻

やっと撮りましたよ~
ポンくん鍼治療3回目。

091103_1001~0001


今日は頭に刺さなかったので後ろ姿だけど。
鍼の上に、もにょっと付いてる黒いものは“もぐさ”です。
人の鍼治療とほんと一緒で、見てると私がやって欲しいわ~
いつも思います。

ポンは今日はパタパタしてなかなか落ち着かないようでした。
何本かの鍼に電気を通すんだけど、それを感じてるみたいです。
感じるのはすごくいいことだけど、静かにしないとちょっと危ない

だからというわけじゃないけど・・・
もぐさに火をつける時に、先生が持ってたライターの火が
ポンのおしりの毛をちょっとだけ、かすりました
毛先がすこーし、チリチリになった(笑)



鍼の効果は目に見えて出てる気がします
昨日、たまたま足の動きがすごく強くなって(段階的に回復が見られる)
2週間ぶりに自力排尿までしたんだけど、それで今朝、鍼を打ったら
今日の午後には更に足の動きが力強くなってて、
後ろ足でちゃんと蹴って、走ったり歩いたりしてるのがはっきりわかる

足裏の痛覚がないにも関わらず、こうして後ろ足が動くのは
鍼の先生も、信じられないと何度も言います。
(未だにナックリング=足裏がくるっとひっくり返ること、も普通にある)
これがネコなら、反射で動いてると言えるんだけど
イヌの場合、反射で歩いたり走ったりはあまりしないそうなので。。。
というか、この動きは反射では片付けられない。
なんとも不思議なポンくんです。奇跡だわ


外でのお散歩&リハビリを兼ねて、車椅子を買うことを検討してたけど
この調子なら、車椅子なしでお散歩できるようになるかもね

091103_2258~0001
鍼をした日はとってもねむくなります。。