FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年02月
ARCHIVE ≫ 2010年02月
      

≪ 前月 |  2010年02月  | 翌月 ≫

ポンくんメモ

ポンのその後
生理は先週、病院へ行った日を境に徐々に治まりつつあります・・。
この感じだと暖かくなってから手術をすることになりそうかな。

でもオシッコは変わらず順調。
後ろ足も、緩やかながら確実に力強くなってる感じ


今日は鍼に行って来たんだけど、鍼の先生も
ポンの回復ぶりには驚きと期待を感じてくれてるみたいです。

足に神経の通っていない犬には、ナックリングといって、
足が甲の方にひっくり返ったまま気付かないという症状があります。
ポンも立ったり走ったりはするものの、ナックリングはあって
それがまず右足から回復し始めました。
わざと甲側にひっくり返した状態にして、それを自分で元に戻せるかどうかを
みるんだけど、それがちゃんとできるようになった。

もともと弱かった左足はなかなかそれが見られなかったけど
この2週間くらい、その左足にも変化が見え始めて
今日、鍼の時は先生もびっくり!ちゃんと足を元に戻しました

実際、立ったり走ったりする時の足の力強さも
どんどん強くなってるしね。
もう、座ったままってことはほとんどありません。

「鍼をいつまで続けるか」をそろそろ見極める時期になってるけど
こういう変化を見ると、もう少し続ける価値はありそうです



ところで今日の午後はポカポカ陽気の中、外でおうまに乗りました
冬場はずっと屋内馬場で砂ぼこりにまみれながらサウナ状態だったので
外に出ると気持ちいい~・・・と言いたいところだけど
雪解けや雨の影響で馬場はどろっどろ
もちろんお馬は泥まみれ・・洗うのが大変でした。

スポンサーサイト

あー疲れた。

今週は私の実家の父の体調不良騒動(?)があって、
兄弟であれやこれや・・と言ってるうちに過ぎてしまいました。。

まぁ、70過ぎた老人がひとりで暮らしてるわけだし
初めて体験するような変化があれば、本人はもちろんパニックするよね。
ただ、うちの父は基本、なんでも大げさに騒ぎ立てるクセがあるので
(しかも妄想や推測がかなり入り混じり・・話を繰り返すごとに
 尾ひれがどんどん増えていくから、現実を把握するのが大変)
私たち兄弟は慣れたもの・・みんなそれぞれ冷静に振舞ってたけど。

「騒動」というだけあって(笑)今回、大事なかったのは幸いだったけど
兄弟全員が実家から離れてると、やっぱこういう時が大変。
母が倒れてから亡くなるまでの間も、緊急で行ったり来たりは何度もしたけど
こうも遠いと時間はかかるわお金もかかるわで・・ほんと大変なんです
私も妹も新幹線や飛行機なので、おいそれと帰るわけにはいかないしね。

今回は、岩手にいる弟夫婦が仕事をやりくりして対応してくれたけど
今後、こういうことはもっと増えてくるだろうからなぁ・・。
ちゃんと考えとかないと。

それにしても今週は、精神的にすごーく疲れた

ポンくんメモ

今日はオンナノコ的(?)おはなし。

すこぶる快調にみえたポン・・・
実は先月の22日以来、もう1ヶ月も生理が続いてまして
出血が続いている上にシッポも長いこと曲がって「し」の字のまま。
少し様子をみてたんだけど、さすがにこれはと思い
今日、かかりつけの先生に診てもらいました。


検査で細胞を確認すると、なんと発情のピークが長く続いてることが判明。
明らかな子宮トラブルです。内膜症か蓄膿症といったところか・・。
今の段階では元気・食欲もあるし、トラブルから来る症状は見えないけど、
もしもあと発情出血が2週間続くようなら、手を打ちましょうってことに。
出血が終息に向かったとしても、数ヶ月内に避妊手術をすることになりそうです。



やはり、排尿トラブルがあるために雑菌がたまりやすく、
それが子宮に入ってトラブルを起こしやすい、ということ。
(もちろん、年齢も多分に影響してます)
ひとつ病気をすると二次的な病気がちょこちょこと出てくるね・・。

ほんとは、また体にメスを入れるなんてしたくないけど
先のリスクを回避するためにはやむを得ない。
ただでさえトラブルがあるわけだから、避けられるものは避けないとね。


今日は眼底検査もして、ダックスによく見られる病気傾向が
ポンの目にも少し出ていることもわかりました


生き物と暮らしてる以上、覚悟はしているつもりだけど・・
歳をとるってこういうことなのねぇ、とつくづく感じた一日でした。

表現力

この週末、どれほどの人が大輔くんの話を書いてるだろうね?
すごい感動したよね~


実は昨日・・絶対にLIVEで観てやる~と思って
それまでにあれこれ済ませてスタンバイOKにして、
これからいよいよ最終組!って時・・。

バチっ!ひゅ~ん・・・と家中の電気が消えました
テレビもストーブもPCも電話もみーんな。
そうだ、停電だったよ
忘れてた私が悪いんだけど、何もいま消えなくたってねぇ。
ひどいなぁもう(うちは山だからワンセグも観れない!)

泣く泣く(って泣いてはないが)諦めて、復旧を待つこと3時間。
もうとっくにハイライトの時間だった。
もちろん夜に、ノーカットのをしっかり観ましたよ


今回は技術論争もいろいろとあったみたいだけど・・
でもトップスケーターの人たちの表現力は
みんな、ほんとにすごいよね。


「表現力」って、「外と繋がる力」のことだと私は思ってるんだけど・・
(この場合の“外”っていうのは聴衆や観客、空気、空間のこと)
フィギュアも、メダリストになると常に意識が外に対して開いてるし、
本番中も、こうした外との関係性をきちんと持ってる。
「魅せる」っていうのは、相手あってのことだもんね。
その関係性を持ててこそ、本当に表現ができたって言えるんだろうな。
自分の中で自分と戦ってるだけじゃ、いつまでも光は見えてこない。

うーん、難しいね。
でもそういう意味では大輔くんの演技は金メダルものだったと思う
すごく勉強になりました。

リハビリ中

いや~大輔くん、めちゃsexyじゃないですか
ライサチェックも背が高くてカッコいいよねぇ
モデル業をするのも頷ける。
なんか今季は男性も女性も絵になる人が多いよね。

大輔くん、メダルとれるといいね~
早くフリーがみたい。



さてさて。
ポンちゃんは依然、記録更新中
最初のヘルニア後の状態に近づきつつあるくらい順調。
掃除や洗濯は大変だけど、まぁ嬉しい悲鳴ってやつかな

まだ療法食なので、食べたあとはよく泣いてます。。

100217_0850~02


昼間はポンの様子を見ながら私もちょっとずつ音出し
笛ちゃんが急遽、メーカーへ里帰りしてるので今は2号くんでリハビリ中。
まぁ練習とはいっても、今の部屋だと100%で音だしはできないから
鳴りに関してはまだなんともいえないけど。
でも、他はだいぶ戻りつつあるかな。
昔より、耳がかなり開いてる感じがするし。

あと・・馬とリンクする部分も実はあって
その影響がけっこう出てるかもしれない。
発見がたくさんあって楽しいです

ポンのごはんメモ

最近のご飯のメモ。

100211_1349~01

尿石症や結石症のワンちゃんの飼い主さんにはおなじみ
ヒルズのc/dと、ロイヤルカナンのpHコントロール。

ポンは最初のヘルニア以降、ずっとc/dを食べてました。
ここでも時々書いてたように、これはpHコントロールには
優れているけど、アレルギー反応を示す子も多く、
ポンも食後、泣いたり痒がったりしてました。。

ポンのようなトラブルがある場合、ステロイドを
使ってまではアレルギーに対処すべきでないとのことで
多少の痒みは仕方のないものとして捉えてました。
(それよりも尿のコントロールの方が大事だということ)

でも、それまで何のアレルギーとも無縁だったポンが
痒がって床の上でゴロゴロしてるのを見てると
かわいそうでね・・後ろ足で掻くことさえできないし。
それに目もチワワみたいにうるうるして、
涙やけが出来そうな勢いだったもん


そんな時。。
鍼の先生に勧められたのが、これ。

100211_1340~02

ペット・パティースという会社がオーストラリアから輸入してる
冷凍生肉・・いわゆる生食ってやつです。
パッケージの中に↓こんなお肉が12枚入ってる。

100211_1343~02

これ1枚で体重 5kgくらいのワンちゃんの場合、2日分。
この中には牛・豚・ラム・鶏、それらの内臓・骨、
そしてたくさんの野菜や果物が入ってます。


(現代の犬に生食を与えることに賛否両論あることはおいといて・・・)
鍼の先生は、「遺伝子に沿った食事を 遺伝子に沿った形で」という
考えを大切にされていて、その説明に私はとても共感できました。

何より、アレルギー症状、皮膚トラブルの改善、
口臭や便臭の軽減、毛づやの改善・・が見られたワンちゃんが
たくさんいる上に、肉を食べることで尿がアルカリに傾くのを防げる・・
とポンには言うことなし!

早速、食べ始めたのが4ヶ月ほど前。
食べて数週間で痒みや涙がなくなったのはもちろん
c/dを食べたことでゴワゴワになってしまった毛が元に戻り、
増え続けていた体重が元に戻って安定しました。
ポンには合ってたんだろうね。喜んで食べてたし元気だったし。

ポンにとっては万事OKじゃないか!と思ってましたが。


食べ始めて3ヶ月経ったところで、細菌や石が見つかってしまいました。
私の圧迫排尿が不完全で残尿が蓄積したためです・・・
結果、pH値も高くなってしまいました。
肉そのものは尿がアルカリに傾くことを防いでくれるけど
細菌や石ができてしまった場合、pH値を元に戻すことは
生肉では難しいということ・・なのかな。
尿検査の間隔が空きすぎてしまったのも問題だった


残念だけど今は、ここを乗り切るために
一度、ご飯を療法食に戻しているところなのです。
戻したといっても、今回はc/dではなくロイヤルカナンの方。
こちらはpHコントロールに加えてアレルギー疾患にも対応してます。
(が・・・ポンはこれを食べても結局、泣くし痒がるし
 フケは出るし、しかも10日も経たないうちにみるみる太った・・)

幸い、pH値は戻り、石も消えてはきたんだけど。
よくなったら、出来ればまた肉を食べさせたいと思ってます。

理想としては元気に肉を食べながら
定期的に尿検査をして早い対応ができるようにして・・
療法食は日常的にではなく、どうしてもトラブルを
防げなかった時にだけ使うようにしていきたいかなと。

人と同じで、犬だって口から入るものが全てだと思ったら
真剣に考えるよね。。(自分のご飯より・・?)


そういえば。
ドッグフードって、原材料の全てを表示する義務がないんだよね。
今年、法律が改定されて全ての表示が義務化されるみたいです。
怖いね~・・なにがでてくるか

ただただ好きで・・

実はちょっと前のこと・・久々に笛の仕事を引き受けました

主催者のゴリ押しに負けて、ついyesと言ってしまったものの
恥ずかしながら最後にステージに立ったのは3年も前・・
正直、笛吹きだとはとても言えない今、不安の方が大きいわけで。
やっぱ断ればよかったな、って最近まで思ってた。
なんて弱気なんだ

ところが・・
紹介された当日のピアニストがなんともいい人で。
まだメールでしか話してないんだけどね、
ものすごく心の白い人というか・・ただただ純粋に音楽やってる人で
こんな人いるんだって思ったらなんか救われた。
新しい出会いがとても嬉しいです、とまで言ってくださって。
この人とだったら、胸を借りてリハビリできそうだなって思った

「私はただただ音楽が好きで憧れの先生について習い、
 ただただ誰かと音を合わせるのが嬉しいという
 そういう思いで続けてきただけです」

相当弾く人が、こういうことを言う。

わたしにこんな気持ちってあっただろうか・・?
思い返すと、いろんなことにがんじがらめになって
守りに入ってただけだったのかもね、なんて思ったり。

「ただただ好きで・・。」
この想いほど無敵で自由なものはないのかもしれない。
そしてその想いを忘れずに「持ち続ける」人の強さを感じました。

この出会いが更にいいものになるように・・
とりあえず不安をひとつずつ取り除いてるところです

つなぎで おさんぽ

サイトのタイトルが 『 ぽんさんぽ 』 なんてわりには
散歩が嫌いなポンくん。
(立ち上げ当初はこの回文、絶対イケる!とおもった・・・)
今日は久々のお散歩でした

100208_1618~01

たまーに後ろ足が、へた~っとなって座り込むことはあるものの
引きずったまま歩くことはなく、
枯れた芝生の上を、喜んで歩いてました
(もちろん・・おしっこしながら←依然、記録更新中!)

100208_1619~02

ところでポンくんが術後、ずっと着ているこの「つなぎ」。
これ、すんごい重宝してます。
なぜかというと、腰まわり、おしりや足の冷えを軽減できるから

7歳過ぎてシニア犬の仲間入りをすると
やっぱ人間と一緒で冷えはよくないんだそうです。
特に下半身が麻痺してる場合、こういうつなぎはホント助かる。

昔からポンはハダカ主義だったけど
今はパジャマも部屋着も洋服も、この形のつなぎばかり着てます
(ダンナさん曰く、ポンの服の方がオレの靴下より多いじゃないかー!だそうです)

1週間

ポンくん、記録更新中。
今日でちょうど1週間経ちました

寝起きにちょっとずつするだけなんだけど
動きを見てると、どうも足やしっぽの動きと関係してる感じ
立ったままブルブルブルって出来るようにもなってるし
特にしっぽは90℃まではいかないものの
ある程度の高さで左右にゆらゆら振れることもある。

量的にはたぶん・・全体の3割程度だと思うので
もうしばらくは様子をみようかなぁというところ。


神経が繋がったわけでも再生したわけでもないし
相変わらず痛覚もないままなので
ひょっとしたらこれはただの過程ってだけで
この段階を経て、またカチカチになっちゃうんじゃないかとか
正直思わないこともないんだけど。

でもなんとかこの状態が続くように
できるだけのサポートをしていこうと思います


そういえば前に鍼の先生に聞いたんだけど、どこの国でだったか
切れた神経が再生した例があったらしいね(もちろん人間)。
相当、奇跡的なことらしいけど。

いま日本では千葉大でだったか・・
神経の再生の研究が進められてるそうです。
もしもダメになった神経が再生できるとしたら
この世の中でどれほど救われる人がいるだろうね。
早くそんな日がくるといいのにね

記録更新中

このところ、広島は少し暖かい日が続いていましたが
今日は久しぶりの冷たい雨です。。



100201_1543~010001
     ぬいぐるみのカバさんを破壊中

すました顔して遊んでますが・・
なんとポンは土曜日に突然、ひとりでおしっこをしたんです。
なんかそれっぽい格好してるなぁ・・でもまさかなぁ・・
と思いながら観察してると、やっぱりしてる。
かれこれ3ヶ月ぶり?くらい。


最初のヘルニアの後というのは
場所は選べないけど、歩いたり走ったりしてる間に、
あちこちで少しずつするような感じでした(止まりながらね)。
まぁ場所はともかくとして、自分で出来て、しかも、
している自覚がちゃんとあることは幸いでした。

2度目は、手術直後は少しは出せてたんだけど
ある時を境に突然、出なくなってしまって
それでいろんなことを試してたわけです。
あまり効果は見られなかったけどね。

それがなんで突然ひとりで??
鍼の直後でもなければ薬を飲んでるわけでもないのに。
(出し切れずに残ってる方がもちろん多いので絞ることは必要だけど)

でもすごい嬉しかったです。

自分で出来たこともだし、それが今日で3日目になることも。
(薬飲んでる時は、出ても1日だけだった)

記録がずっとのびますように