FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
      

≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

リセットday

昨日、やられました

おうまに乗った後、厩舎に連れて行ったら
ご飯が食べたくて興奮して暴れたおうまに
押されたか蹴られたかして(何があったかよくわからない)
気付いたらコンクリートの上で動けなくなってました。。。

なんなんだよもー
コンクリートに体と顔をけっこう打ちつけたらしく・・
すんごーい痛くてちょっと泣いた。
何がショックって、顔に傷がついたこと。
体の痛みやアザなんてどうでもいいんだけど・・顔はなぁ。
場所が左の頬骨のあたりだから、
いかにも突然できたシミのようで、感じ悪いし(笑)
赤みが残っているので、今日はチークなしでいけました。


この10日くらい、なんか元気でなくて・・
ちょっとうわの空だったのねぇ。
だから、おうまにやられてダメ押しって感じ。
痛いよりも、それまで凹んでた気持ちが一気に出ちゃって
痛いついでに泣いてしまいたかったけど、そんなわけにもいかず

でもいい加減、元気出さないとと思って
今日はリセットdayにすることにしました
体中が痛かったけど、とりあえず出かけて
いろんなものを眺めながらガンガン歩いて、
家の中の切れてるものを一気に買って、
おいしくご飯を食べて帰ってきました。

これからカープのホーム開幕戦を観るぞ
打倒タイガース



そういえば・・仙台のみなさま。
マーティ楽天、気になります。大丈夫なんだろーか。 
一緒にフィリップスが連れて行かれたとは知らなかったよ(笑)
スポンサーサイト

不調・・

久々、ポンのアップでーす。

100324_2147~01

このまーるい目のどこが白内障なんだよー
目なんて全然白くないじゃんね。
(なかなか受け入れられないワタシ・・)

ポンは昨夜、久しぶりに少しだけ自分でオシッコしました
ヘルニア疑惑から3週間くらい?自力では全然してなかったので
思わず「お~っ!」・・と喜んでしまいました。
ここ数日、絞る時に柔らかかったので予感はしてたんだけど。
こういうのを繰り返していくのかもしれないね。

今日は午後になってから朝ごはんを未消化のまま吐きました
5~6時間は経ってたのにな。
空腹のせいで胃液を吐くことはたまにあるんだけど
未消化のご飯を吐くなんて珍しい。


私はというと、昨日から数ヶ月ぶりの神経痛に参ってます
たぶん・・顔面の神経痛なんだと思う。
20代のころからずーっと、繰り返してるんです。
よくあるピクピクするやつじゃなくて、とにかく顔の表面や頭皮が痛む。
しかも数ヶ月後ごとに、片顔ずつかわりばんこ。今回は右。
それに今回は特に右目の周りが痛くてダルい。
なんなんだろうな~こういうのって。

インプット・アウトプット

先週末、無事に本番が終わりました
リハビリとしては上出来

主催者さんが喜んでくださったことはもちろんのこと
今回は自分の気付きや発見がたくさんあったのが一番嬉しかった。
音楽性、精神性とも、この何年かの変化をとても感じたし
それを音を介して「表現」できるようになったのは大きな成長だったと思う。
インプットしたことは、自分のものとしてアウトプットできてこそ意味を持つ。
時間が経ったからこそわかることだよね、こういうのって。

なんかねぇ・・インプットされてることってほんとにいっぱいあって
音を出していて、私の中に小曽根さんがいるなぁとか
あの音やあの演奏、あの本があるなぁとか、あのヒトがいるなぁとか・・
そういうことをすごく感じました。
今の私の音にはそういうのがいっぱい詰まってるんだと


それに、今回つくづく思ったのは
たくさん苦しいことがあってよかったなってこと。
近年のことに限らずね。

ピアニストさんともそういう話をたくさんしたんだけど
(ほんと、久々に合うヒトと出会った)
親に恵まれなかったとか経済的に苦しい時期が長かったとか、
子供時代が一番辛かったとか、ままならない恋があるとか・・
いい演奏が出来ると、そういうのが一瞬でOKになる。
そういうのがあったからこそ出てくる音であり、音楽なんだよね、やっぱり。
そうやって受け入れることの出来る人生もある。


今回のことをきっかけに新しい仕事の話も頂けたので
細々とでも、アウトプット生活を続けていけそうな感じです。
良いインプットは良いアウトプットを生む・・
良いものを選ぶ力と、アウトプットする力を培っていかないとね

ポンくんメモ

昨日はかかりつけの病院

体重は4.95kg。

2週間前にかなりの細菌と出血反応があったので
抗生剤を飲んでました。
それが効いたのか今日は細菌・出血ともマイナス。
pHは7。

あと背中にレーザーをあてて
白内障の目薬ももらってきました
先生が検眼鏡でポンの目を見せてくれたんだけど
右目の下と上の方に少し白くなってる部分がありました。
初期らしいけど・・。切ないわぁ

それから、やっぱりホルモンの異常がずっと続いてる感じ。
しっぽが時々「し」の字になります。
いずれ手術はするけど、今のポンだといろんな意味でリスクがあるので
もう少ししてからということになりました。


今日は呉の病院で鍼。
なぜか足がとてもよく動き、かなり暴れました。。
でも、鍼をした日は足の動きもしっぽの動きもとてもよくなります。
もうヘルニア疑惑は吹っ飛んだ感じ。

ふたりでお留守番

今週はダンナさんが出張で不在のため、家ではポンとふたり
まぁ私が考えることといえば、寝坊しよ~とか
夕方からビール飲んじゃおーとか、そんなことくらいだけど。
(ひとりで居たら相当、ダメ人間になるんだろうな・・)

とはいえ、この週末が本番なので、
気持ち的にはあんまりダラダラもしてられないわけで。
ちゃんとしないとねぇ。


さて。
ポンは、足が弱った1週間前を境に、
やっぱりオシッコが出なくなってしまいました
そんな時は絞られるのもいつもに増してイヤみたいで
声をかけるとサササっと逃げるか(一応走って・・笑)
おなか見せて降参ゴロゴロするか。
(この前なんて、一瞬ガルルって言った。)
すごい力むからお腹のあたりがガチガチで大変です。

毎日のことながらなんかかわいそうで。
絞るのは仕方ないとしても、少しでも負担のない方法を
病院の先生や看護士さんにアドバイスもらいながら考えてるところ。

100315_1754~03



話は変わって。

100314_1326~02

はい。利之の牛タンです~

なぜお弁当かというと。

福屋(市内百貨店)の催事に来てるのを昨日知りまして・・
迷わずGOです。
お~懐かしの利之。ちゃんと麦めしだし。

100314_1327~01


先週、実家行ったんでしょ?って言われそうだけど
移動の時間効率の悪さとスケジュールの都合上、今や仙台は素通り・・・
もう長いこと、友達に会ったり牛タン食べたりする時間がとれない状況です。


お弁当なのでそのまま平和公園へ移動して、
Freeを片手に牛タンを堪能しました。
あ~冷めてもおいしいよ、やっぱり。
幸せ~

ポンくんメモ

午前中、2週間ぶりの鍼

足が弱くなったことを話したら先生も不思議がってました。


呉のこの病院はトリミングもしてくれるので
今日もポンはツメや足の毛、ついでに体の毛もきれいにしてもらいました。
(ご飯のせいでフケがものすごい)
感覚のない後足はまだしも、前足なんて家ではなかなか
触らせてくれないので、ついつい頼ってしまいます。

それにしても鍼の効果は絶大
鍼から帰ってきてから、足やシッポがやっぱり強くなってました。

弱くなった直接の原因はわからずじまいだけど
(鍼を続けていても、なっちゃったからね)
それでもやっぱり鍼は有効だと感じます。

大雪

ポンくんはどうやら元気になった様子
足が弱いことには変わりないけど、いかにもマズいって感じは脱したかな。
3日間のレーザー治療と消炎剤が効いたみたいです。
ほんとは安静にさせなきゃいけないんだけど、閉じ込めると出たがって暴れて
逆効果なので、自然にさせてました。

それにしてもちょっと焦ったねぇ・・今回は。
再発なんて、相当ナーバスだからね。

これが落ち着けば、あとはリハビリの再開と
オシッコの管理と(また細菌と出血があったのだ。。)
白内障の治療(これはこの前、初めて発覚・・)が出来るようになる。

年をとるってこういうことなんだねぇ


実はポンの再発疑惑があった翌日から、実家へ行く予定でした。
キャンセルしようかちょっと迷ったんだけど・・
実家にはかなり行ってない上に、父も具合悪くした直後だったので
とりあえずポンのことはダンナさんに任せて、予定通り出かけました。
何かあればすぐに帰る心づもりで。

幸い、ポンも快方に向かっていたので予定通り・・かと思いきや
帰り、またまた当たってしまいました、昨日の欠航

昨日の大雪の被害は、意外や意外、広島が一番ひどかったようで
羽田経由で帰る予定だった私は見事にハマり、
やむを得ず福岡へ飛んで、博多からで広島へ帰ってきました。
行く時も羽田経由だったので、まさに列島縦断(しかも往復)。

ちょっと疲れたけど、帰ってきてポンの足が元気になってるのを
見たら、そんなものは吹っ飛びました。
昨夜は久しぶりにポンと一緒に寝ました


それにしても今日は雪の被害が更に拡大してるみたいで
仙台なんかすごいよねぇ??
出かけるタイミングが良かったのか悪かったのか・・
まぁ何事もなく帰ってこれたから良かったけどね。

まさか

うーん・・。


昨夜、ポンの左足が急に弱くなってしまって。
座り方や歩き方が明らかにおかしい感じがしたので
午前中、病院行ってきたんです。
尿道と膀胱もうまく連動してなかったこともあったし。

元気はあるし痛みで震えてるってわけじゃないから
ヘルニアの再発かどうかは素人判断じゃわかんないけど
ただ、何かが違うことは明らかで。

でも、神経がちゃんと働いてない今は、神経学的な検査を
したところであまり有効とはいえず・・
一応検査はしてもらったものの、もともとの麻痺がひどくなったかどうかや
椎間板に異常があるのか否かは
「もしかしたらそうかもしれない」って程度にしか判断できなかった。
麻痺が残ってる状態だと再発の見極めは難しい。

たぶんレントゲンでわかることでもないだろうってことで
とりあえず今日はレーザー治療して消炎剤をもらってきて、
あとは家でケージレストさせて安静にして、数日、様子をみることに。

レーザーや薬の効果が出るといいんだけどね。

ポンくんメモ

少し不安が・・・。

昨日・今日とポンの自力排尿の量が急に減りました。
圧迫してて感じるのは、どうも尿道がうまく開いてないのかなと。

何があっても不思議じゃないとは思いながら
でもどうしても心配になってしまう。
また自分で出せなくなってしまわないといいなぁと願うばかりです。

100302_1955~01
ちょっとボケてるけど、居眠り中の図

至福のとき

今日はポカポカ陽気の中、岩国までプチドライブ。
少し前に書いた、ただただ好きで・・のピアニストさんに会ってきました。


予感的中(?)、すごい歌ごころがあって感性の合う人
なんかカンゲキしてしまった
やっぱり居るんだよこういう人って。

予め選曲してたものを合わせる予定だったけど
いざやってみたら、おや?もっと楽しいことが出来るんじゃないのコレは??
ってなって、結局あれもこれもと遊んでしまった。
補足・説明がほとんど要らないので、もうサクサク
これだからアンサンブルはやめられない。

アンサンブルの相手には恵まれてきた方ではあるけど
ここまでフィーリングや歌い方のぴったりくる人とは
なかなか出会えるものじゃないので・・ほんとに楽しい時間でした。


自分が演奏することから距離を置いてた間、
インプットしてきたものは、それこそたくさんあって・・
でも、感じたりインプットするだけじゃ満足できない自分が
心の奥底にほんとはいつも居て。

吸収したことを自分のものとして、いつかアウトプットしたいと
望んでたのが叶ったんだなって、今日は思えました。
しかも、よりいいアウトプットが「できる」自分がいることも嬉しかったし

表現をする人はみんな経験があると思うんだけど
自分の中にあるものが、いつの時もストレートに出せるとは限らなくて
なにか、壁やバリアみたいなモヤモヤしたものに遮られて
表現がままならない時期があります。
そのモヤモヤが、今の私の中にはもうなかった。
息を使う楽器をやっていて良かったと思うのはこんな時です。
息は、心そのままに出てくるからね。


あー。幸せな一日でした
本番がたのしみ