FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年11月
ARCHIVE ≫ 2010年11月
      

≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

狂犬病注射

いまごろ狂犬病注射って言われそう。。
今日、やっと今年の注射を受けてきました
ずーっと忘れてたら、罰金20万だぞ!!ってハガキがきたので・・。


だってね、春先ってワクチンあるし、同じ時期には受けられないでしょ。
それなら翌月にまた・・なーんて思ってると、
やれ膀胱炎だ細菌感染だ、と違うトラブルが起こったりして。
体調のいいタイミングを逃しちゃうんだよね。。

そうこうしてるうちに、
まぁ今どき狂犬病注射なんて必要ないか、なんて思い始める。
でも20万も払うわけにはいかないしね・・

101201_1624~010001
     へへん、おりこうに注射したもんね


実はポンが初めて狂犬病注射を受けたのは3年前。
伊豆旅行の際に行こうと思ってたドッグパークの入園条件に
注射の証明書が要るという理由で、慌てて受けたのです

あの旅行のあとだったっけな・・ポン立てなくなったの。


狂犬病注射受けると、いろいろ思い出してしまいます。。
スポンサーサイト



ひなたぼっこ

午前中のこと。

おや、ポンがいない・・と思ったら
陽のあたる場所に潜んで?ました。

101127_0919~020001


うちは窓が東向きなので、午前中の早い時間に
陽の光が差し込みます
イヌはひなたほっこが大好きだよね。


ポンは今日の夕方、やっとほんとのシャンプー。
換毛期でもないのに抜け毛がすごかった。
(単にキタナいのか・・?)

pink

101125_1724~010001

数日前、新店オープンのお祝いに頂いたお花を
一部、持ち帰りました。

部屋にpinkがあるだけで、和みます
今週はちょっと凹んでたので、このpinkに癒されてます。

ウォーターレス・シャンプー

101120_1456~020001

病気や高齢でなかなかシャンプーできない
わんちゃんのためのウォーターレスシャンプー。
これはなかなか重宝します
(青いラインのボトルのほうは希釈タイプの洗剤。
スプレーしたり、掃除・洗濯にも使える)

ポンのように足腰が安定しないと
おいそれとシャンプーできないもので・・。
まぁ犬はもともと頻繁にシャンプーする必要なんてないから
困るってほどじゃないけど
足を引きずったり圧迫をしたりしてると違う意味で汚れることも多く、
そんな時にこれが大活躍します。

でも、簡単にリラックス・モードでやらせてくれるわけもなく・・
今日は汚れたシッポと、ついでに頭だけ触りました。

101120_1452~020001

“スーパーボディを読む”

いま、夢中になって読んでる本。

101119_2321~010001

20年以上前に出版された本です。
最近知って、欲しくて探したんだけどどこも品切れ
やむなく中古で、しかも定価の倍近い値段で手に入れました。


でも買ってよかった。
というか、めちゃめちゃおもしろいこれ



人は日々、「からだ」を使って生活してます。
当たり前のことだけど、その体が一体どんな動き方をしてるかなんて
あんまり意識することはないよね?
骨や筋肉がどうなっていて、様々な動作をする時にどう動いてるかなんて。

スポーツ選手はそのあたりの意識は敏感なのかもしれないけど、
他の、体を使うことをしてる人・・例えば演奏家や俳優も、
それは一緒でしょ?・・というのを追究したのが
ボディマップとかアレクサンダーテクニークというもの。

101119_2320~010001


スポーツも楽器も体を使ってやることなんだから
自分の体を知らずして上達なんて有り得ないよなぁと今は思う。
体の使い方を知ることで、余計な動きをせずに済むし、
なにより最大限のパフォーマンスを引き出すことが出来る。
良いパフォーマンスは絶対に偶然では成し得ないからね。



で、今回のこの「スーパーボディを読む」。
「胴体力」というものについて書かれてるんだけど
読み始めてみたら、結局、ボディマップと似たような話で
我ながら笑えました。
なんか私ってこういうところに行き着くんだなぁ。

実際の体の機能が伴えば言うことないんだけどね。
そううまくはいかないのだ・・(ためいき)

ポンのおでかけ

101116_0858~01

会社のミニバンに乗って病院へ行くポンくん

ちょっと暗いけど、朝日のさす感じがいいです


私が泊まりで留守にする時は、ポンは病院に泊まります。
ポンがいないのは淋しいからと、だんなさんが夜だけ連れ帰ったり
することもたまにあるけど(←イヌ離れできない大人

圧迫の必要さえなければ、家で過ごせるんだけどね。


でも病院の先生も理解してくれているので
気兼ねなく預けられるというのは、私も気がラクです

ブランケット

だいぶ冷え込んできて、オイルヒーターだけだった我が家も
そろそろ灯油を買おうかなぁというところです・・


最近、寒いときに家で重宝してるのがこれ。

101118_1455~010001

なんていうのかなぁ。リバーシのブランケット
よくみるとバラがモチーフになってます

ボタンもバラ

101118_1559~02

頂き物なんだけど、これがなかなかの優れもの
そのままひざ掛けとかにしてもいいんだけど
長方形の四隅についてるバラのボタンとボタンホールの組み合わせ方で
ポンチョになったり、袖なしの羽織物になったりする

最近は家の中でずーっと羽織ってます。


でもポンに独占される日も近い気がする。
昨夜も気付いたらこれの上で寝てた・・

完済

最近、ちょっと嬉しかったこと。


奨学金の完済・・

卒業後、ずーっと支払い続けてまして。
月々、僅かな金額ではあったけど
4年分の借金はなかなか大きかった。

卒業直後は収入が不安定で、猶予をもらってたりもしたので
完済するのが数年遅れてしまって申し訳なかったけどね。
(ていうかね、きちんと事情を説明して申請すれば
 猶予してもらえるんだから滞納とかはやめようよね・・)


それにしても長かったなー

ちょっとスッキリ

おはよう♪

今朝のポンくん

101111_0920~01

あんまり写真撮ってあげないからかな。
そっぽ向いて目を逸らすし。
それともモデル気取りですましてるのか(笑)

しっかり やりんさいや

“しっかり やりんさいや・・”

これはれっきとした広島弁。
まぁ読んで字のごとく・・自分でしっかりやりなさいって意味。

でも、なんかただの叱咤じゃなくて・・
がんばれ、みたいなプレッシャーを与えるわけでもなくて・・
さりげなく相手を認め、尊重できるようなニュアンスがある。


ちょっとツラい恋に参ってる友人からのメールに返事を書いていて、
ふと浮かんだのがこの言葉。
「恋は盲目」だというのに・・彼女の恋を心配する友達が口々に
間違ってるだのやめなさいだの言うもんだから、弱ってたらしい。

恋をしてる人に、なぜ善悪やモラルを説くかなぁ・・。
それでやめられるくらいなら、苦しい恋なんてしてないよね。
(やめたほうがいいのかもなんて自分が一番わかってるんだよ)

誰もが賛成して背中を押してくれる恋ばかりじゃない。
自分が強くならなきゃ、恋なんてできないもんね。


しっかりやりんさいや。

私の口から広島弁なんて滅多に出てこないんだけど・・
(ていうか未だに喋れないし?)
なんか相手を認めてるニュアンスが滲み出てて、やわらかくていいなぁって。
初めてそう思いました


ちなみにダンナさま曰く・・
これが進化(?)すると、“しっかり やりんちゃい”になるらしい。

おうまとソーロンタン

今日もおうま
坐骨がめちゃめちゃイタイ・・
金曜に乗った時の筋肉痛も回復しないままでした。。
でも気持ちよかった~。スッキリ

夜はお気に入りの韓国料理やさんで
大好きなソーロンタンを食べてホっとして、体も温まって帰宅


それにしても今夜も終わらない日本シリーズ・・(いま23時)
ロッテに決めてほしいのに。
(ロッテの応援ってカッコいいよね

おうま復帰

半年ぶりにお馬、復帰しましたー
とても気持ちのいい秋晴れで、まさに馬日和

膝は全く痛まないわけではないけど
ピーク時とは比べ物にならないほど回復しました。
状態を確認しながらゆっくり乗りたかったので
最初の1鞍はひとつ下のクラスに混ざってウォーミングアップ。
痛みも出なかったので、続けてもう1鞍、いつもの馬場に戻って乗りました。


どんだけ忘れてんだろうと思いきや、
不思議なもので体は覚えてるんだねぇ・・。
乗ってしまえば自然に反応するもので、ほとんど違和感なかった
こまかい部分も、もう少し乗れば取り戻せそう。
一度やれたことは、必ず出来るもんね。

ちなみに膝は、2鞍めの後半にちょっとピキっときた・・。
都度都度ケアをしながらやるしかないからね。
仕方ない。


それにしても、乗馬ってやっぱ全身運動なんだなぁ。
ダイエット効果は絶対にないけど(・・意外でしょ?)
久々に乗ると全身まんべんなくダルくなるもんね。
足も、乗った直後から筋肉痛だし。
あと何気に内臓のシャッフル感がしんどい(笑)

回復させて、また日曜に行こうっと。

足が長い?

今日もいいお天気

101104_1434~02

でも寒い・・。
クシャミ連発で、風邪ひきそうな予感。


寒いけど、ポンくんは元気ですよ

101027_0948~01

数日前のひなたぼっこ中の写真。

ヘソ天なんてカワイイもんじゃないねぇ

でも足はまぁまぁ長く見える・・。

天才も、ヒト?

今年はずーっと、ショパンyearで湧いてますね

先月、読んでた本。

101103_1659~02

これねぇ、おもしろかったよ、意外と


音楽に限らず、歴史に残る素晴らしい人物っていうのは
同じ人間であるにも関わらず、
やっぱり「すごい人・特別な人」という先入観や憧れの気持ちの方が
勝ってしまう気がするんだけど。

偉人だって、所詮は私達とおんなじ「ヒト」だと思うと
解釈や印象は大きく変わってくるもの。

彼らだって、親もいれば恋もする。盲目的なストーカーにもなる。
プライドがずたずたにされて傷付いたり、不安で眠れない夜もある。
親友もいれば打算的な友情もある。
就活もすれば、クビにもされる。一文無しで放浪することもある。

こういったことをひと通り書いてる本はたくさんあるけど
ここまで人間臭さが出てるのは珍しいかも。
(週刊誌のゴシップネタっぽい感じがまたイイ)

しかも、この本のおもしろいのはショパンのことだけじゃなく
生まれ年の近いシューマン・メンデルスゾーン・ベルリオーズ・リストetc..
彼らとの関わり合いが心理的な面を含めて生々しく書かれてあるところ。
それがそれぞれの音楽にどういう影響を及ぼしたのかも。


ほんと人間臭くてねぇ・・不器用だったり策士だったり。
なーんだ、才能以外は私達と一緒じゃん?とつい思ったりして。
まぁ才能以外、というところがミソだけど(笑)

伝記として、ただ知るのとはまた違う真実味がある。
それを感じるだけでも、知っていたはずの音楽が
ぐっと深みを増すと思います

オゾネさん♪

久々に小曽根さんの話。

今年はショパンyearということもあり
小曽根さんがよく、テレビに出てきます
(春先にオールショパンのCDを出してます。関連記事はコチラ

でも、実はナマ小曽根さん、もう3年近く観てない・・・
先月からクリスマスライブの先行受付のDMがちらほら入ってきてて
余計に気持ちがはやる・・。



さっき、ふと半年前の「題名のない音楽会」を録ったDVDを観てたんです。
小曽根さんの特集の回。

ゴキゲンなサウンドについ、踊り出してしまったり
しっとりしたものは、聴き入ってしまって号泣したり。。



なんかねぇ・・たまらん。


楽譜ありき、のクラシックっていうのは
それを読む込む力と、その先の自由度が問われる。
つまり、予め「背景があって出来あがってるもの」一音一音に、
「意味」を見出す作業が欠かせない。
(解釈先行で、そもそも、そこに在る音の意味を示してくれない人も多い)

それに対して小曽根さんの音楽は、生み出す音に
瞬間的にもう、意味がある。ムダな音がひとつもない。


もちろん、どちらがいいとか悪いとかいう話じゃないですよ。


小曽根さんが生み出す音は、相変わらず、
なんてシンプルで美しいのかと・・ただただ、それだけを思ってました。
全ての音が、なくてはならないもので究極にシンプル。
且つ、それが聴いてる人に伝わる。

やっぱりこの人の耳は驚異的。



実は恥ずかしながら・・先日、仕事で使う曲をアレンジするにあたり、
小曽根さんの出す響きを目標にしてみました。
音の持つ意味を大事に、シンプルに作る。
(もちろん・・ほど遠いよ、小曽根さんには。)
作業途中で自分の書いてるものがあまりにイケてなくて何度もウンザリした
けど、今の自分の感覚で出来ることを必死にやってみた。

自分でアレンジしたり作曲したりしていると
ついつい、選ぶコードや指づかい・・随所にクセが出るものです。
クセほど、危険で無意味なものはない。

でも、今回のそんなチャレンジのおかげで
自分の中に今、在るもの、大切に出来る感覚、
そして、足りないもの、もっと欲しいもの・・いろんな発見がありました。
これはものすごい収穫です。


いいもの、優れたものにアンテナを張りながら
もっともっと成長したいと、心底、思いました

おつかれちゃん・・

もう11月
だいぶ冷えるようになりました。
寒々しい空を見ると、なんか切ないというか
人恋しい気持ちになるなぁ。。

10月の後半は、バタバタであっという間でした。
一段落ついたので、今日は一気に掃除や片付け。
もう・・汚くてね、部屋が。ホコリやら誰かサンの毛やら・・
あとアイロン掛けもたまりまくってたし。
でも、いろんな物があるべきところに収まり、やっと落ち着いた


ところで、一連のバタバタの締め?は佐賀の友人の結婚式でした。
昨日、初上陸しましたよ、佐賀。
新幹線と、特急かもめ号で片道2時間。
そんなに遠くはないんだね。
(といっても、もう行くことはないだろうけど・・・)

実は結婚式の前・・あり得ない出来事がふたつ。


前日のこと・・大事に長く着ている結婚式用の衣装に
なんと、自分で水染みを作ってしまった
シルク100%なので、水染みなんてサイアク。
もう、ショックだし頭ん中、真っ白だし・・。
しかも持ってる他の衣装は今回の結婚式には不向きだし・・
慌てて店へ駆け込み、泣く泣く新しいものを買いました

店が開いてる時間だったことだけは幸いだったけど
お財布も声をあげて泣いてたよ

これがひとつめ。


もうひとつは、当日のこと。
新郎新婦からリクエストされてる曲があって
その打合せのために早めに会場入りした私が見たものは・・



なんと、ペダルのないピアノ。


どんなギャグ


今、思い出すと笑っちゃうんだけどね・・
あれ見た瞬間は、さすがに凍りついた
鍵盤弾く人、わかってくれるよね?


聞くと、そこにはピアノというものがなくて
外からレンタルしてきたとか。
しかもペダル端子があるのに、肝心のペダルは付いてないという。

話にならないので、なんとかしてくれるように頼み込んだものの
最悪の状況もあると思い、ペダルなしの別アレンジを
必死で考えた・・挙式中にね
もう、カッコつかなくてもどうしようもないもん。


でも披露宴が始まって少ししてから、ようやくペダルが到着。
助かったー。
何ごともなかったように、すべて無事に終わりました
でももうこんなヒヤヒヤはごめんだなー。


4時起きだった上に変な焦りで疲れたせいか、帰りは爆睡でした。。