FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
      

≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

石見銀山

世界遺産といえば、いま沸いているのは平泉ですが・・
いつも minority な我が家は石見銀山へ行ってみました。

→→→http://www.kankou-shimane.com/mag/07/07/ginzan.html


001_convert_20120507192657.jpg

資料館で少しお勉強してから間歩へ向かいます。
間歩(まぶ)は銀のもとが採れる洞窟のことです。

004_convert_20120507195924.jpg


間歩はいくつかあるんだけど、いま公開されてるのはこの龍源寺間歩だけ。
この先に洞窟の入り口があります。
こうもりがけっこう居る

この洞窟の中で単純にそのまんまの銀が採れるのかと思いきや(勉強不足・・)
なんとも気の遠くなるような工程を経て、初めて銀になる。
400年以上も前にこうした技術があった。
それに携わって、働いて、家族を養って、必死で食べて生きて・・
いつの時代も人として当たり前の営みがあったことに、最近妙に感動します。


012_convert_20120507192857.jpg

風情のある町並みが丁寧に保存されてます。
スポンサーサイト

開幕

本日は我が家の開幕day

ルーキーは野村くんを見に行きました。

満席のマツダ。
6連勝中のつばめさん相手に快勝しました。

007_convert_20120429221056.jpg

明日もケンちゃんで連勝だ。




010_convert_20120429221320.jpg
おりこうにお留守番したのでいっぱい甘えています

ことしのツピちゃん

ツピちゃん。

今年初めての新芽がだいぶ大きくなりました。

2週間前のと今日の写真。

003_convert_20120428155756.jpg

010_convert_20120428155845.jpg

なぜか葉が欠けている・・。

大葉ちゃん☆

かわいい大葉ちゃん。

葉の数もどんどん増えてます。

日の当たる昼間は葉がピーンとしてます。
(夜はふにゃ~・・っと寝てしまう)

001_convert_20120420085928.jpg


本来、収穫は梅雨明けあたりらしいんだけど
大きさ的にかなり育ってるのが2枚ほどあったので
はじっこを少しだけちぎって食べてみました。

きもーち、若いというか青いというか・・
そんな味がしたかな。

でも香りはまさしく、大葉です☆

ふと思い立って、この春は大好きな大葉を育てることにしました。
食べ物を育てるのは?年ぶり。

003_convert_20120415223453.jpg


この前の月曜日に鉢に植えてから1週間。
日当たりに限界があるかもと思いきや
目に見えて毎日、大きくなっていくので嬉しい。



それにしても暖かいね。
今日は冬物を全部、整理しました


でも、まだ毛布が手放せないヒト。

006_convert_20120415224407.jpg

健康診断 その2

今日の健康診断はポンさん
フィラリア検査とワクチン、特に問題なく済みました。


が、長いこと 5kg弱で落ち着いていた体重が、
短期間で 4kg台前半に落ちたことを受け
ご飯のことをまた考えることに。。。。

手作りに切り替えて、はや半年(くらい?)。
最近は、「穀類 : 肉 : 野菜=1 : 1 : 8 」・・くらいだったかと。
つまりダイエットの成功例ですよ(笑)

本人、いたって元気なので心配はないけどね。


まぁ、すぐにはわかんないですよ。
栄養やカロリーが足りてるか足りてないかないんて。

こうして体重測ったり、あと本人の毛づやや元気加減?を
日々、観察しながら少しずつ調整していくよりないからね。
何日間かでトータルバランスが取れればいいわけで。


なにより大事なのは、ご飯の時間が嬉しい!大好き!と思えること。
歳をとると、そうしてテンション上げる機会が
他のどんなことよりも大事だったりします。

健康診断

昨日・おとといの雨で、広島の桜も少し散り気味・・。
今がせっかくの見ごろなのにね。

週末にお花見しといて良かった。
お弁当持って、ポンを連れて30分ほどだったけどね。


今日も風が強くて、これまた花散らし。

午前中、特定健診を受けに行ったんだけど
車を停めた場所が満開の桜の真下・・。
終わって戻ってきたら幌が散った花びらだらけになってた


肝心の健診はといえば・・
血液検査の結果が気になるところ。
先月、これまでにないくらい体調が悪かったのでね。

春先だからじゃない?とか、年齢じゃない?とか言う人もいたけど、
季節や年齢で流せる不調ならまだいいのかもね。
結果が出るのがちょっと怖いなー。

click & mix

003_convert_20120412183703.jpg

先月、買いました。
ティファールのclick & mix。

4種類のアタッチメントを交換して使います。

002_convert_20120412183754.jpg


ウチではmincer(あか)とblender(みどり)が大活躍。
(きいろ=泡立て、あお=アイスクラッシャー)
写真のようにボールや鍋に突っ込んで?使えるのが便利。

ちょっとだけミックスしたい、ちょっとだけミンチにしたい、なんて時に楽チン
ちょっとだけジュース、ちょっとだけスープ、とかね。


ちょっとだけ・・・と言えば我が家の場合
あの方のお食事ですよ(笑)

pon-14.jpg


最初の写真も、ささみをミンチにしてから
まいたけとにんじんをミックスするところ。
混ぜたら、野菜スープに入れる鶏だんごを作ります。
(親バカご容赦!)

最近のお気に入りはこの鶏だんごスープとか
かぼちゃのスープ(と思われる)。
魚系も食いつきいいかな

ママは日々、メニュー開発中であります。


ただ・・このclick & mix、
唯一、難アリなのがmincer。
繊維の多い野菜や、肉を砕いたり(挽肉)出来るのはいいけど
アタッチメントに詰まりやすい、特に肉が。。。
つまり少量向きってことだね。
参考まで。

コーヒー

暖かくなったので、ようやく植え替え。


012_convert_20120411171148.jpg


お気に入りのコーヒーの木。
ツヤツヤの葉っぱがいいのだ。

冬場、根が伸び放題で窮屈そうだった。

新しい鉢に順調に馴染んでくれるといいんだけど。
(コーヒーって死んだフリするんだよ)

マエケン☆

今朝の中国新聞 1面トップ。

001_convert_20120407225328.jpg

これはスポーツ紙じゃなくて、れっきとした地元紙(笑)
これが広島人のカープ愛だったりする。


ちなみにスポーツ欄はこんなことに。

002_convert_20120407225403.jpg


これはたぶん、カープファンしか知らない おたくネタだけど
今季の先発投手陣は6人全てがドラフト1位入団。
加えて磐石な抑え陣。まるで中日のよう。


今日もバリントンに踏ん張ってもらって5連勝といこう

合格点☆

そういえばポンのことで嬉しいことがあったんだった。

先月中旬のこと。
尿検査で初めて合格点?をもらった

いつもスープご飯で水分を与えているつもりではいるものの
実際のところ細菌や結晶が100%消えることはなくて・・。

先月も結晶が増えてしまって、これはまずい、ってことになり
スープをそれまでよりも更に更に更に!増やしたのです。

すると・・薬や療法食なしで初めてオシッコがキレイになった。
結晶も血液もマイナス、尿比重までもが正常値になり、
当然、pH値も下がって言うことなし。



なーんだ、スープの量が足りなかっただけだろー、
なんてツっこまないでね。
単純に増量するっていっても、
この体にこんなに飲ませていいんだろうかって躊躇するほどの水分量。

しかもその分、圧迫の回数も大変なものなのよ。
3時間くらいでポンのおなか(というか膀胱だね)、パンパンになるんだから


でも結果の出る量を学習できたので
今後は今までよりもいいオシッコを保つことができるようになるでしょう。



それにしても幾つになっても人にほめられるのは嬉しい。
「ずいぶんがんばりましたね~」って先生に言われて
電話口で小躍りしてしまった(笑)

つぼみ

マンション裏の桜がそろそろ開きそうです。

001_convert_20120405144458.jpg

おばの願い

春休み中の甥と姪が広島へやってきました

普段、おとなふたり+老犬1ぴき・・で
それはそれは静かに暮らしている我が家にとってはもう、大変な騒ぎ(笑)
ポンも戸惑ったらしく本吠えしてました。


が。


いつの間にかこうなっている。

006_convert_20120405153000.jpg

ポンもまったく抵抗なし。
すごいね。

044_convert_20120405153042.jpg

015_convert_20120405153642.jpg

滞在中はうちの Italianで甥とママの birthdayランチをしたり
資料館へも行きました。




今回思ったのは、子どもにとって、自分の慣れたfield(・・・家・親・友達・学校・クラブ)以外の
空間で生活をする体験は、すごく大事なんだなってこと。

もう少し大きくなれば、その体験は 
“郷に入っては・・” とか “親しき仲にも・・”の精神を学ぶ機会になるんだと思う。
なにより親の価値観から離れて「自分自身」を客観的に見つめる機会にもなると思う。


そういう意味では、子どもにとって、生活スタイルの180℃違う
おじ・おばの存在も意味はあるんだよね。


私も小さいころから母方の叔父・叔母の影響を多分に受けてきた。
その生き方や生活スタイルは幼いころの自分の知る世界とはかけ離れたもので
子ども心に、知らない世界があるんだなって思ったものだった。
(私は幼いながらも憧れを持った)


自分のfield以外の世界の方がはるかに広い。

だから物事に対する価値を早く定めてしまわずに、
知らないたくさんの世界を見ながら柔軟に生きてほしいなと、思います。