FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年12月
ARCHIVE ≫ 2016年12月
      

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

今日も。

最近、気に入ってる写真。

IMG_4489_(1)_convert_20161227214627.jpg

目が合わせられなくなってからは、
こんなアングルの写真を撮ることが増えた気がします。


15歳をすぎて・・・
「今日もおはよう」とか「今日もおやすみ」とか
「今日もげんきにごはんたべたね」とか、
無意識にそんな言葉をかけることが増えました。
こうして「今日」を積み重ねていけるのはとても幸せなことです。
スポンサーサイト

納めまくり

年の瀬、納めまくり?な一週間。

我が家はとにかく食べ納めしまくり。
今年のうちにあそこに行っておこう、ここにも行っておこう、
あそこのおばちゃんの顔、見とこうとかいって、
結局、ずーっと外食続きでした。

体重がどうなってることかと内心、戦々恐々としてたけど
週が明けて体脂肪計に乗ったら意外にも減っていて、ほっとひと息。
食べ物に関してはとりあえず、思い残すことはなし。


食べ納め以外だと、フラメンコ納めとヨガ納めもありました。
今年はフラメンコとヨガには精神的にほんとに助けられました。
そもそも精神的な助け以前に、それ自体にとても魅力を感じているので
来年もだいじに続けていこうとおもっています。

年末感?

広島の年末の風物詩、「第九ひろしま」を聴いてきました。

第一部のゲストがなんとバンドネオンの小松亮太氏。
いまや、日本における第一人者といっても過言ではない
彼の演奏をナマで聴けるなんて広島市民、贅沢です。

ナマのバンドネオン。
哀愁をおびた切ない音色がとてもこころに沁みました。
この数日、ちょっと涙もろいので尚のことね。

肝心の第九は、わたしの大好きな西村悟さん(tenor)が
ソリストで来ていたのでこれまたテンション上がりました。
(そもそも、そのために早々にチケットをgetした)
もっともっと、その声を堪能したかったけど第九だから仕方ない。
ナマ声を聴けただけで満足。


なかなか12月って実感がなかったけど
第九を聴いてやっと年末な感じがしてきました。
あとは年賀状を書かなくちゃだ。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

うとうと

12月に入り、ストーブの出番が増えてます。
ポンもストーブ前を占領。
きまって目をとじて、気持ちよさそうにうとうと。

20161213.jpg

我が家、敢えてこたつを置かないようにしてるけど
こたつなんかあったら、ポンは潜ったまま出てこないんだろうな。


ポン。
体調も落ち着いていて、穏やかに年を越せそう。
最近は頓に甘えモードが増して
しょっちゅう、ひゅーんひゅーんと鳴いてます。
見えないからさびしいんだろうなとなぁとおもうとつい、
すぐに抱っこしてしまう。
くっついているとすこし安心するみたいです。

ストレスマネジメント

ヨガをやってるといつも
これぞ、究極のマインドフルネスだよな、とおもう。

今年に入って頻繁に聞かれるようになった
「マインドフルネス」という言葉。
いまやストレスマネジメントの考え方の根幹とも言えるのかな。


ひとは、良くも悪くも、過去のことをおもったり
まだ訪れない未来のことをおもうのが常。
ことビジネスなんて未来の想定なしには成り立たないわけだから
その思考が習慣化してもなんら疑問はない。

「未来」のことをもっと身近な時間軸で考えると
例えば、ひとは、目の前で話している相手に対して
その話に耳を傾けるどころか、
聴いているつもりで実は「次はなんと言葉を返そうか」と
無意識に「先のこと」を考えていたりする。
(=つまり、ほんとは目の前の話なんてちっとも聴いてはいない)
これが「いま」にフォーカスすることのできない典型的な例。


現代人は、先を読んだり、先に備えたり
過去に想いを馳せたり、ありもしない妄想にふけることには長けていても
目の前にあること、モメントに焦点を当てることには慣れていなくて、
感覚的にわからない人も多いのかもしれない。

そのモメントにフォーカスしましょう、というのがマインドフルネス。
それがストレス軽減に役立つというのだから
身につけておいて損はない。



ヨガは「いま」、自分が行っている呼吸をみつめることに始まる。
とにかく、「いま」を見つめることの繰り返し。

別にヨガじゃなくったって
誰でも経験しているわかりやすい例が
ゲームやスポーツ、好きな趣味に一心不乱に没頭したら
なんだかすっきりた、というもの。
目の前のことに没頭したらすっきりした。これぞマインドフルネス。

わたしにとってはフラメンコもそうで。
頭でなにかを考える余裕なんてなく、脳トレさながら
足や腕を一心不乱に動かしながら、1時間、ひたすら「いま」の連続に
必死に食らいついていく時間は、本当に深い意味があるとおもう。

なので、いまのところはまぁ、ストレスマネジメントはできてるのかも?

もっともっと、こころ穏やかに過ごせるよう、がんばりたいものです。
yoga | Comments (-) | Trackbacks (0)