FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年01月
ARCHIVE ≫ 2018年01月
      

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

サインが・・・

わたしのフラメンコの先生の息子さんは
とても優れたpercussionistで、まだ20歳だというのに
世界中、あちこち飛び回って活躍中。
その彼が初めてバンドリーダーを務めるLiveが
広島と東京でありました。

彼が一体、どれほどの運と人脈に恵まれているのか・・・
今回、keyで招かれたのはなんと、デラルスの斎藤さん♡

畏れ多くも今回、彼が使う譜面を作らせてもらったご縁で
ご挨拶させてもらいました。
(手も握ったよ。ピアノ、もっと上手くなれるかも?笑)
その世界では知る人ぞ・・・な存在だというのに
物腰柔らかく、とても気さくに話してくださってほんとに感激。
CDジャケにサインもいただいてしまいました。

なのに・・・。
みてください。

20180128.jpg

真ん中あたりのぐちゃぐちゃ

借りたペンが油性じゃなかったらしい
帰宅してジャケットを開いてみたらサインがこんなことになってた。
見事に右側にうつってるし。
ショック。
スポンサーサイト



music | Comments (-) | Trackbacks (0)

ぽんメモ

ぽんこ、しばらく落ち着いています。

いま一番気を付けてるのは脱水しないこと。
点滴は一日おきだけれど、ごはんをあまり食べなかったときは
自己判断で 2日続けてすることもある。

食欲はあるんだけどね・・。
途中で食べるの疲れちゃったり、げっぷがひどかったりで
半分しか食べられないことが、よくある。
そうすると水分の摂取量が極端に減ってしまって
オシッコの量も少なく、濃くなってしまう。

点滴でうまく補えれば、体内の水分も足りて
かつ、オシッコもたくさん溜まる。
そうするとポンの元気や食欲のレベルもちょっとあがり
またいろんなことがうまく回るようになる。

最近はずっとこれの繰り返し。
点滴で安定状態をキープしてるだけ、とも言えるけど
脱水ってほんとに怖いし本人も苦しむので
点滴が使えるうちはすこしでも安定させててあげたい。

20180117.jpg
ポン16歳 | Comments (-) | Trackbacks (0)

うでまくら

最近、妙なクセがついたぽんこ。

夜はいつもわたしと寝ていたのに
いまは毎晩、ぱぱさんのうでまくらで寝てる。

20180120.jpg

この、(変なガラの)フリースの温かさが気に入ってるらしく
それはもう、朝までぴったりくっついて寝ている。
ぱぱさんは寝相悪いから夜中になんども起こされるのに。
(ポンにだけ布団がかかってないこともある

まぁそれでも気持ちよさそうにしてるからいいけど・・・
はやくこっちに帰っておいで。
ポン16歳 | Comments (-) | Trackbacks (0)

点滴、その後

点滴にもだいぶ慣れてきたこのごろ。
針を刺す係?のだんなさんは日に日に腕をあげてます。
わたしはもっぱらポンのホールド専門 。

点滴もほんとにちょっとしたことで輸液の落ちが
よかったり悪かったり、毎回、どきどきするけど
こればかりは試行錯誤を繰り返して経験を積むしかないらしい。

ポンはというと一時期、嫌がって暴れて困ったこともあったけど
ここしばらくは諦めてるのか?おとなしくしてます。
でもそうおもって油断してると、点滴の最中にいきなりブルブルしたり
この前なんて、うんちしてた。ポンなりの逆襲なのか(笑)


今朝は久しぶりに食欲がなく、朝ごはんは食べずに点滴だけ。
いまはぐっすりと眠っています。
輸液が身体に入ったらすこしは食欲が出るかな。

20180116.jpg
ポン16歳 | Comments (-) | Trackbacks (0)

愛車とのお別れ

先週の水曜。
我が家の愛車、Z4さんが逝ってしまいました
遂にというべきか、突然にというべきか。

10万kmを超えたころからトラブルが増えはじめ
度重なる故障を何度も何度も直しながら乗ってきました。

トラブルが起きるのは決まってわたしが運転してるときで(ほんとに!)
たいがいはエンジンがかからなくなったり、止まったり。
あとは消耗品と呼べる部分が次々と壊れていった。
ショッピングモールの駐車場で、ほかの車に頭を下げながら
JAF待ちしたこともあったな。
エンジンがかからなくなって路肩でディーラー待ちもあった。
こちらからディーラーへ持ち込んだことも数知れず。

いつもどこかでハラハラしながらハンドルを握ってた。
(警告灯はある意味、トラウマ。)
ダメになると、車なんてほんとに鉄とプラスチックの塊だなーとおもう。


こんなふうに書き連ねるとまるで悪い車だったかのようだけど(笑)
それは晩年?の話。とってもカッコよくて楽しい、いい車でした。
13年間で12.5万km。がんばった。

今回も修理の選択肢はあったけど、例によって国内にはもう部品がない。
お金もすごくかかる。もう、ここらへんにしておこうってことで
思い切って廃車を決めました。


しかし淋しいばかりも言ってられない。
我が家、車がないと不便な場所に住んでいるうえ
いまはポンのこともあり、急いで次の車が必要だったので
早速、週末に中古車をみてきました。
いま代車に乗りながら納車待ち中。
favorite | Comments (-) | Trackbacks (0)

ぽんメモ~リパーゼとBUN

昨日の話には続きがあります。

ポンが震えて食べない・寝ない、となったとき
「膵炎でおなかがいたいのかな?」と最初、迷ったのです。。
足もおそらく痛いのだろうけど、もしもおなかだったらどうしよう?と。

痛い・食べない・寝ない・呼吸が荒いとなると、
病院側は、点滴により胸水が溜まってしまったか
腎不全が悪化したか、という可能性も考えるわけです。

けれども結果はすでに書いたとおり。
血液検査の数値も特に問題なく、吐き気や下痢もないのなら、
膵炎や腎不全の悪化ではないね、と。
ポンも今日はもう、食欲も元気もすっかり戻ったので
とりあえずは一件落着。


なんだけど・・・
今回、驚きの事実。
血液検査は問題がないどころか、リパーゼとBUNが劇的に改善してたんです。

リパーゼ:219(4月)→240(10月)だったのが今回54
BUN:46(4月)→45(10月)だったのが今回15.3
  (クレアチニンはずっと1.0未満)

そんなことってあるのかな?

だってBUNはまる2年くらいはずっと40超えたままだったし
リパーゼが下がったってことは急性膵炎だったの?ともおもうけど、
いろいろ考えるとそれも当てはまらないし。

だって点滴しかしてない。
ごはんだってそんなにすぐ影響するわけないし。
決め手は輸液だったのか。

喜ぶ前に、とても不思議な気持ちなのです。

痛かった出来事

いつも前足2本で生活しているポン。

たまーにバランス崩してコロンと転がってしまったり
うまく座れなかったり、ブルブルができなかったりします。

昨日、右前足の付け根を痛めてしまったらしく・・・・
あれ?おかしい??とおもってみていたら
動きがぎこちないし、歩いていても明らかに右足の運びがおかしい。
コロンと転がっても自力で起き上がれない。
痛みのせいなのか震えてるし、ごはんも食べないし、眠らない。

明け方、やっと眠れたものの、今日も朝ごはんを食べないので
病院連れていきました。

震える・食べない・眠れない、に加えて呼吸も荒いので
念のためにと撮ったレントゲンには胃腸に多量のガス。

痛いから呼吸が荒い→呼吸が荒いから呑気する
→呑気が多いから胃腸にガスがたまる、ということで
一応、痛みの軽減のためにレーザーは当ててもらいましたが
基本、痛みに対しては安静第一、ということに。
(消炎剤と呼ばれるもののほとんどは腎臓トラブルを
悪化させるので、できれば与えないほうがいい。)
 
たしかに、明け方からすこし眠って起きたあと
ちょっとだけど元気を取り戻した感じはあったのでね。
安静にさせればある程度は癒えるのだとおもう。

今後は冷静に対処していけそうかな。


それにしても右前足、相当、痛かったのだとおもいます・・・。
抱こうとしたらキャンっ!!と、いきなり噛まれた

ごはん

このところ、ポンのごはんのことをあれこれ見直してました。

最低限のルールをおさえれば手作りはラク、なんて言っても
病気が関わってくるとちょっと厄介。
特に内臓疾患は食制限が多いのでね。
(もちろん、食事で治癒させる目的はありませんよ。)

いまは腎臓サポート+膵炎予防。
低脂質で高消化であること、それとよいたんぱく質。
使える食材はおのずと限られるけど
ほとんどワンパターンに近い献立になるので
いままでに比べたらラクかも??

ポンの状態をみながら、とにかくおなかが痛くならないように・・
しばらく試行錯誤がつづきます。

戌年

あけましておめでとうございます。

戌年だー

20160504.jpg

ポン、ポンばかり言ってますが、わたしも年女です(笑)

なんでも日本における戌年生まれの人口比率は
十二支のなかで最も低いんだとか。

母も祖母も、そして義母までもが戌年なので
戌年っていっぱいいるんだーなんて勝手におもってただけに
けっこう驚きのデータでした。

昔、私と母と祖母がぺちゃくちゃとしゃべってると
「イヌが 3匹集まるとうるさくてかなわん!!」と
よく父に言われたものでした。
懐かしいな。


今年は我が家のわんこさんと、もうひとがんばりしましょうかね。
気まぐれ更新ですが、今年もよろしくお願いいたします。