FC2ブログ
TOPおもうこと ≫ 祖母の存在

祖母の存在

昨夜は、来広中の叔父夫妻と 1年ぶりに会って食事しました。

叔父は、わたしの母の弟。
だから会うと必ず、母や祖母の話で盛り上がる。

叔父というフィルターによって
初孫であったわたしを祖母がどうおもっているか、
そして生前、母がわたしをどうおもっていたか・・
初めて聞かされ、知ることが未だにある。



祖母が90を過ぎたこともあり、近年、よく話題にのぼるのが
彼女の気質を一体、誰が受け継いだのかということ。
子どもや孫をよーく眺めてみても似ているタイプの人間は
居らず、どうにも不思議なかんじで。

孫のわたしも、この人の血が自分に流れているとは
到底、信じがたい。
そのぐらい祖母はタフで賢くて、明るい人。


それでも叔父は
ばーさんの血は間違いなく、おまえに流れてるから大丈夫だ、と言う。


大丈夫ってなんだ??と以前はおもっていた。

だけど、歳を経るにつれて、
自分の人生や、自分という人間は一体、なんだったんだろう?
という思いが強くなり、
いま、自分という存在に疑いの気持ちさえ持っているわたしにとって
祖母の血をひいているということは
ものすごい勇気?というか自信・力になるのを感じました。

この人の血をひいているのなら、
もうすこし、がんばって生きていこうよ、みたいなね。


少しでも長く、祖母に触れなくてはと思った夜でした。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL