FC2ブログ
TOPおもうこと ≫ 介護と子育て

介護と子育て

先週、空港行きのバスの中で、
ボランティア時代にお世話になっていた方と偶然会いました。
顔を合わせるのは1年以上ぶりだったんだけど
相変わらず精力的に活動されていて、
その日も、なんかエネルギー貰ったような気分でした。

道中、なぜか親の面倒を看ることについての話になりました。
その方のお母さんは80歳を越えているけど
島根の実家で一人で暮らしてると。
しかも「放っといてるわよ」的なニュアンス。
(大病はしてるものの介護支援が必要な体ではない)

それでも80歳でしょ~・・と思いながらよくよく聞くと、
「動ける人をダメにしちゃいけないのよ」と。

その方には「介護と子育ては一緒である」っていう考えがあって
 「本人の“自立”を助けるのが一番大事なのであって、
  “歳をとったから”という理由で、あれもしてあげなきゃ、
  これもしてあげなきゃと面倒を看すぎるのは違うんだよ。
  子育てもそうでしょう?何でもしてあげたら子どもはダメになってしまう。
  お年よりも同じよ。
  介護が必要になった時に初めてどうするかを考えればいいんだよ」と。
  「“自立を助ける”のが介護の本質だ」とも言ってた。


自立を助ける・・・。
子育てがそうあるべきなのは当然だと思ってたけど
そうか、介護もそうだよなぁ・・なんて、すごく納得してしまった。

親が歳をとると、元気であっても「歳をとったから」という理由で
面倒を看なきゃとか、誰が看るのっていう発想が
自然に起きるものだと思ってたけど・・違うよね、やっぱり。


実はこの言葉でちょっと救われたかもしれない。
私は親がまだまだ健康そのものなのに
単なる「責任」とか、周りからの無言の圧力とかを感じて
「あ~どうしたらいいんだろう・・」って、
漠然と、ひとりで重~く考えることがあったので・・。

みんながみんな、こんな考えを共有できるわけじゃないし、
簡単に片付けられるようなことじゃないんだけどね。
でも、「大切なのはそういうことなんだ」ってわかっていることが
一番大事なことだと思いました。
スポンサーサイト



Comment

編集
そうだよねぇ。
なんかいろいろやってあげないと(特に娘は)薄情と思われそうで。
(つか、親戚に何言われてるかわからん!!)
でも本人が大丈夫というかぎりはほっといた方がいいんだろうね。
まぁ…すでにほっといてるんだけど(^^ゞ
2008年01月23日(Wed) 12:35
編集
難しいよね、ほんとに。
家族の在り方とか、個々人によっても全然違ってくるし。

関係者が誰も読んでないから書くけど
よそへヨメに行っても、実父の兄弟からはイヤミ言われるよ。
ひとり残してるから特にね・・。
でも私たち兄弟には私たちの考えややり方があるから無視してる。
旦那のほうも、末っ子のはずなのに、無言の圧力かかるしね。
ていうかさ、皆さんなんではっきりと言葉で言わないんだろうなぁと思うよ。
(暴走しそうなので、ここらでやめときます・笑)
2008年01月23日(Wed) 22:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL