TOPyoga ≫ ストレスマネジメント

ストレスマネジメント

ヨガをやってるといつも
これぞ、究極のマインドフルネスだよな、とおもう。

今年に入って頻繁に聞かれるようになった
「マインドフルネス」という言葉。
いまやストレスマネジメントの考え方の根幹とも言えるのかな。


ひとは、良くも悪くも、過去のことをおもったり
まだ訪れない未来のことをおもうのが常。
ことビジネスなんて未来の想定なしには成り立たないわけだから
その思考が習慣化してもなんら疑問はない。

「未来」のことをもっと身近な時間軸で考えると
例えば、ひとは、目の前で話している相手に対して
その話に耳を傾けるどころか、
聴いているつもりで実は「次はなんと言葉を返そうか」と
無意識に「先のこと」を考えていたりする。
(=つまり、ほんとは目の前の話なんてちっとも聴いてはいない)
これが「いま」にフォーカスすることのできない典型的な例。


現代人は、先を読んだり、先に備えたり
過去に想いを馳せたり、ありもしない妄想にふけることには長けていても
目の前にあること、モメントに焦点を当てることには慣れていなくて、
感覚的にわからない人も多いのかもしれない。

そのモメントにフォーカスしましょう、というのがマインドフルネス。
それがストレス軽減に役立つというのだから
身につけておいて損はない。



ヨガは「いま」、自分が行っている呼吸をみつめることに始まる。
とにかく、「いま」を見つめることの繰り返し。

別にヨガじゃなくったって
誰でも経験しているわかりやすい例が
ゲームやスポーツ、好きな趣味に一心不乱に没頭したら
なんだかすっきりた、というもの。
目の前のことに没頭したらすっきりした。これぞマインドフルネス。

わたしにとってはフラメンコもそうで。
頭でなにかを考える余裕なんてなく、脳トレさながら
足や腕を一心不乱に動かしながら、1時間、ひたすら「いま」の連続に
必死に食らいついていく時間は、本当に深い意味があるとおもう。

なので、いまのところはまぁ、ストレスマネジメントはできてるのかも?

もっともっと、こころ穏やかに過ごせるよう、がんばりたいものです。
スポンサーサイト
yoga | Comments (-) | Trackbacks (0)
Trackback

Trackback URL