FC2ブログ
TOPポンのヘルニア ≫ 上出来・・

上出来・・

奇跡の写真を載せたばかりだけど・・
やっぱりトイレのことが気がかり

まる2日圧迫排尿をせずに、今朝、病院へ行ってきたけど、
これだけ足が動くのになぁ・・と先生も困ってる。
こういった例はあまり見ないけど、
レベル5からここまで回復するだけでも上出来です・・とも言われた。
足の動きにしても、おしっこにしても時間がかかるんだと思うって

足が動くようになったことで、転んだりよろけたりしながら不安定に歩くのが、
逆に他の椎間板に影響を与えてるんじゃないかとちょっと心配してたんだけど、
新たなトラブルではなくて、回復に時間がかかっている、
ただそれだけだと考えていいと思いますって先生は言ってました。



今日は、ヘルニアの術後と思われるワンちゃんを3頭見かけました。
神経専門の病院なので、背中が長方形に剃られている
ワンちゃんを見るのは、ここでは珍しいことではないんだけど。

当たり前だけど、飼い主さんたちはみな一様に戸惑った顔をしてます。
同じ気持ちなんだろうな、きっと。

気をつけていたつもりだったのに。
何がいけなかったんだろう?
元気なのにどうして歩けないの?



「生き物を育てる」というのはどういうことなのか、
「かわいがる」とは何なのか・・今回はそのことをとても考えさせられます。
その子にとって本当に必要なことは何なのか。
それを知り、考えて接していくことの難しさを感じます。
スポンサーサイト



Comment

編集
トイレの方はちょっと回復が遅れてるかな。
でも、最悪の場合に比べたら奇跡に近い回復なんだもの。
少し、ゆっくりでも大丈夫。
元気に向かってるもの。

私も、あすかとごろちゃんの病院通いしてた時考えたなあ。
答え出なかったけど。
でも、本人たちが意志表示をするから、ごろうは辛い治療はやめて
自然体で過ごせる方向で、自然治癒力にたよりました。

ごろうを育てた経験を踏まえて今は3匹飼ってます。
縁あってうちに来たんだろうなって。
2008年12月25日(Thu) 12:44
編集
病気のときは特に、意思表示を見逃したくないよね。
あすかちゃんもごろちゃんも、youちゃんにそうして理解してもらえて幸せだったね☆

私は今は、普段の生活について考えるんだ・・。
かわいいからって甘やかすことが愛情じゃないじゃない?
おやつにしても、眠る時にしても、しちゃいけないことには理由がある。
心を鬼にして接しなきゃいけない時もあるよね。
そうじゃないと、最後に傷ついてしまうのは動物なんだなって。

愛情を吐き違えることだけはしたくないなぁと、つくづく思いました。
ヒトを育てるのと同じなのかもね。
2008年12月26日(Fri) 19:36
編集
確かに、しつけは必要だと思う。
いけないことをするときは目を見て話す。
話はわかってるんだかどうだかわからないけど聞いてる。
自分が悪いことしたってわかってるみたいだと目をそらす。
よほどのことをしない限り『こらっ!』とか言わないようにしてる。
おやつの分量は1日の分を決めてる。おねだりしてもそれ以上はださない。
猫たちもそれはわかったみたいでおねだりをしなくなった。
いいことをしたときは大げさにほめてる。
ベッドのマットをやめ寝床は低くした。
って、yumiちゃんは一緒に寝てないんだっけ?
犬と一緒に寝るのはNGって聞いてるけど私はその人の考え方だと思う。
今の私は猫だけど。
私はあすかを育てた経験を生かして猫にしつけてる。
猫なのに犬のしつけ。。。
人にも共通するのだろうか?人の子は育てたことがないのでわからない。

2008年12月27日(Sat) 11:45
編集
その家々や飼い主によって、いろんな考え方があるよね。
極論だけど・・動物たちが幸せでいられるのなら
それが一番いいことだよね☆☆
2008年12月28日(Sun) 17:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL