FC2ブログ
TOPおもうこと ≫ マイブーム?

マイブーム?

最近、初期仏教にハマっています・・。

もともと疎かった世界史を勉強しなおそうかなぁなんて思って
宗教ラインから攻めてみたものの、比較宗教から初期仏教に脱線。
もう2ヶ月ほど、そんな本ばかり読んでます
毒舌で知られる(?)スリランカのお坊さんがいるんだけど
その方の書く本がめちゃくちゃおもしろくて

世の中にはびこってる「それ、おかしいだろ?」ってことを
誰にも何にも遠慮することなく、歯に衣着せずにズバズバ。
でも、そこは真理。私も笑って読んでるけど、ポイントは押さえてマジメに読む。

このところ、物事の裏側、人の言動の“裏”にあるモノが
ものすごく見えやすくなってきていて
「ほんとに大事なものってなに?」っていつも探してるような感じだったので
この本に出会って、いろんなヒントをもらってる気がします。

仏教ってただの“真理”以外の何ものでもないから
正しいとか間違い、賛成とか反対とか言うような質のものじゃない。
生きてる間にどれほど良い心持ち、大切な真理に近づけるのか、
それを追求していくのは今の時代、すごく大事なことなのかもしれません
スポンサーサイト



Comment

編集
そう!真理よね!
本来の仏教ってシンプルな教えのはずなのよね!

日々クソ坊主とばっかり接してるから(あ、いい人もいるけどね)そんなこと忘れてたw

元は同じなのになんであんなにたくさんの宗派ができちゃって、祭壇の飾りも供物もご本尊も宗派ごと、さらに寺ごとに違うのかが不思議。

それぞれの開祖とその後継者達が教えを独自の解釈で研究し突き詰めていった結果なんだろうけど…謎。
2009年02月26日(Thu) 21:58
編集
いや~朝ちゃん!すんごい嬉しい反応。
そうだよね、朝ちゃんは日々こういうことに接して
過ごしてるんだった。

私もこうして本を読んでみるまでは考えてもみなかったけど
元はただの真理だったものが、ここまで枝分かれしちゃうと
それこそ仏教の真理って何よ?ってことになるよね。
大事なことは本当はいつもひとつなのにね。
2009年02月27日(Fri) 15:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL