FC2ブログ
TOPmusic ≫ 尊敬すべき人

尊敬すべき人

この前の週末、大学の笛の後輩から突然、メールが来ました
ふと先輩元気かなぁと思って・・って。
このブログも見てくれてたみたい(閉じなくてよかった・笑)

生い立ちや感性なんかが重なる部分が多かったこともあって
すごく仲良しで思い出の多い子なので(同郷で、高校の後輩でもある)
嬉しくて、なんか今週は当時のことを懐かしく思い出してます

彼女はほんとに笛の上手な子で、私もずいぶんと影響を受けました。
ほとんどの人がテクニック偏重といっても過言じゃなかった中で
彼女が出す音は、ほんとに心そのままというか・・
あれはなんと表現すればいいんだろう
あんなに音と心のベクトルがぶれない人は見たことがなかった。
私にとっては尊敬すべき笛吹きでした
(私の師匠も彼女には一目おいてた)

仕事や育児で何年かは空いてしまったみたいだけど
また勉強をすると書いてあったのを読んで、すごく嬉しかった
彼女にはずーっと笛を吹いていてほしいと、心から思います
スポンサーサイト



Comment

編集
yumiちゃん 嬉しいメールが来て良かったねっ!
やっぱり、才能のある人って その事から離れられないんだよねっ。
実は今 私は別の意味でピアノ弾いてます(汗)
母親の知り合いで随分昔に奥様を亡くされてる方が居るんだけど その奥様の残した曲を弾いて録音して欲しいと頼まれて・・・ ホントは気が進まなかったんんだけど 成り行き上 弾かない訳にはいかなくなって(汗)
その曲は奥様が中学の頃に作曲コンクールに出して入選した曲。
本人はメロディーも半分間違って覚えてた(汗)
かなり 昔の曲なので 解釈に戸惑ってるけど どうにか 本人の思い出を大事に出来るように弾きたいと考えてるところです。
実際、譜面自体は簡単だけど、作曲者の思いを考えたり 時代背景を思うと 難しかったり、伴奏にメロディーが入ってない部分をどう弾くか悩んだりしてます(汗) 私にも才能があればな~って思ってコメントしてみました(汗)
2009年03月12日(Thu) 19:50
編集
誰かの思い出のお手伝いなんて、素晴らしい仕事だね。
そのご主人は願いを聞いて貰えるだけでも
きっと嬉しいだろうと思うから、気負わずにがんばってね。
2009年03月14日(Sat) 16:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL