FC2ブログ
TOPポンのこと ≫ いつでもどこでも一緒・・

いつでもどこでも一緒・・

1週間くらい前から、ちょっと鼻がムズムズ
何に反応してるかはわからないけど、毎年、5・6月だけクシャミがでます。
数回クシャミが続く以外はなんの症状もないので適当にやりすごしてるけどね。
でも今年はそれが始まるのがちょっと早い・・・


ところで今日、本屋さんで手芸本のコーナーを見てた時のこと。
「いぬ けいと」というタイトルの本を発見
犬用のニット本かと思いきや、なんと「犬(猫)の毛編もう」・・だった。
うっそ!と声が出てしまった

前書きには「日々抜け落ちる毛を見て、これで何か作れないものかと
飼い主さんなら一度は思ったことがあるはず」なんて書いてある。

毛を集めてきれいにして “毛糸”にする作業から、
小物やマフラーを編むところまで、丁寧に写真入りで解説してありました。
「これで、愛犬といつでもどこでも一緒」って。

大型犬や毛の長い犬だと毛糸も作りやすいけど
ダックスのように毛を集めることがそもそも難しい場合は
羊毛とかを混ぜるみたい。
いずれにしても気の遠くなるような作業


見た瞬間は、そこまでするのか・・って引いたのが正直なところ。
毛を使うなんて私自身は考えたこともなかったし。
でも、もしポンが居なくなったら・・って思ったら
それで作ったものを身の回りに置きたくなることもあるのかもね・・なんて思ったり。

なんともいえない気持ちでした
スポンサーサイト

Comment

編集
わたし、あすかの抜け毛を集めてとある所に頼んで
毛糸にしてもらい、それで編みぐるみも作ってもらいました。
そうしようとしたのは、あすかの前に飼ってた子がきっかけでした。
その子が使ってたものは
亡くなってあまりに悲しすぎて何一つ手元に置かずその日のうちに処分しました。
でも、あとで後悔しました。

編みぐるみまでだったらありかなと思うけど、マフラーは私もちょっと引きますね。


2009年04月21日(Tue) 17:39
編集
あすかちゃんの編みぐるみがあったんだね・・。
youちゃんが前に飼ってた子のことで後悔したような気持ちを
私も想像してしまったんだよね。
人間に遺品や形見があるように、生き物にだってそういうのが
あるのは当たり前だよなって思った。
引く気持ちもありつつ、けっこう考えちゃったよ。
2009年04月23日(Thu) 16:51
編集
今、あすかの編みぐるみは
あまりに高価だったので飾ってると猫たちの餌食になるため
袋に入れてたんすにしまってます。

今では形見になってしまったけど
ラブラドールの毛は毛糸にできるのかっていう挑戦をしてるサイトをみつけて
うちの子はできるのかって言うところから始めたのだった。
2009年04月23日(Thu) 18:53
編集
そうなんだ~(^^)
モノ自体を作るよりは毛糸にする手間がものすごいかかるみたいだから
高価なのもうなずけるよね。
ちなみに、見つけたその本では、ラブちゃんの毛で
確か帽子やベストを紹介してたような気がするよ。
2009年04月25日(Sat) 15:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL