FC2ブログ
TOPmusic ≫ インプット・アウトプット

インプット・アウトプット

先週末、無事に本番が終わりました
リハビリとしては上出来

主催者さんが喜んでくださったことはもちろんのこと
今回は自分の気付きや発見がたくさんあったのが一番嬉しかった。
音楽性、精神性とも、この何年かの変化をとても感じたし
それを音を介して「表現」できるようになったのは大きな成長だったと思う。
インプットしたことは、自分のものとしてアウトプットできてこそ意味を持つ。
時間が経ったからこそわかることだよね、こういうのって。

なんかねぇ・・インプットされてることってほんとにいっぱいあって
音を出していて、私の中に小曽根さんがいるなぁとか
あの音やあの演奏、あの本があるなぁとか、あのヒトがいるなぁとか・・
そういうことをすごく感じました。
今の私の音にはそういうのがいっぱい詰まってるんだと


それに、今回つくづく思ったのは
たくさん苦しいことがあってよかったなってこと。
近年のことに限らずね。

ピアニストさんともそういう話をたくさんしたんだけど
(ほんと、久々に合うヒトと出会った)
親に恵まれなかったとか経済的に苦しい時期が長かったとか、
子供時代が一番辛かったとか、ままならない恋があるとか・・
いい演奏が出来ると、そういうのが一瞬でOKになる。
そういうのがあったからこそ出てくる音であり、音楽なんだよね、やっぱり。
そうやって受け入れることの出来る人生もある。


今回のことをきっかけに新しい仕事の話も頂けたので
細々とでも、アウトプット生活を続けていけそうな感じです。
良いインプットは良いアウトプットを生む・・
良いものを選ぶ力と、アウトプットする力を培っていかないとね
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL