FC2ブログ
TOPいぬごはんのこと☆ ≫ イヌのごはん

イヌのごはん

ポンの食事を手作りメインにするようになってからというもの
繰り返し開く本たち。

002_convert_20120209215137.jpg

いろいろと読み漁った中でも、
捕らえかたによってはとても役に立つと思うものです。



栄養辞典」の須崎先生は知る人ぞ知る、犬ごはんの神さま??的なお医者さん。
どう活用するかは別として、手作り派の人は持ってたほうが良さそうな一冊。
私も老化・アレルギー、感染症・・あらゆることに対応した
食事を考えるのに、参考にさせてもらってます。


ペットフードで・・・」の著者は、ペット系ライター?といっても
過言ではない坂本徹也氏。
ペットフード・手作りご飯・栄養学・ペットビジネス等・・
とにかくペットの食に纏わることを客観的に学び、考えられる本。
こういうライターさんの存在はとても貴重です。
ペットと暮らす人間はこういった客観性を常に持っていたい。


アレルギーの・・・」は人間サマ向けの本。
生き物という観点から見れば、アレルギーが起こるメカニズムに変わりはないわけで。
アレルギーってなんなの??という問いにも十分応えてくれるし、
対処法のヒントになる話がたくさん書いてあります。




何れの本にも共通しているのは「木を見て森を見ず、になっちゃダメだよ」ってメッセージ。

つまり特定の栄養素や成分に囚われて大事なことを見落とすなってこと。

人間界?のサプリや化粧品の通販なんかでも昨今は顕著だけど
特定の栄養素・成分だけに振り回されるほど愚かなことはないわけで。
(例えばブルーベリーが目に効くとか、コラーゲンがどうの、という安易な発想)


結局、大切なのはバランスなのであり、
どれほどの情報に取り囲まれても、必要なものを取捨選択する知性と知恵を持つこと、
そして方向を見極め、前へ進むこと。


イヌのご飯からはだいぶ脱線したけど。。
つまるところ、大切なことは一緒なんだろうね。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL