FC2ブログ
TOPflamenco ≫ 体すべてが楽器

体すべてが楽器

今日はとても印象的な言葉に出会いました。

「体すべてが楽器」

フラメンコの先生の言葉なんですけどね。


手拍子もステップも、カホンやギターとセッションするための
大切なパート、楽器なんだよ、と。
楽器って、大事に磨いたりするでしょう?
だからフラメンコする人は、楽器である自分の体を大事にするんだよ。


なんかね・・ガツンときたな。



今日はもうひとつ・・“共鳴管としての体” の発見もあった。
笛もそうだけど、体をどう使うかで鳴りが全く変わる。
フラメンコの場合は、なんと、ステップの音質が変わる。
今日、それがはっきりとわかった。

効率のよい体の使い方をもっともっと追求していかなくちゃ。

奥が深すぎてますますハマりそう・・・。
スポンサーサイト



flamenco | Comments (-) | Trackbacks (0)
Trackback

Trackback URL